すどう美術館 館長のひとりごと その12「 首を締める 」

blog

 このブログでは、子供の頃、美術の授業が好きだった方(もちろん苦手だった方も)

 美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方、家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向けて、現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

 今回は、すどう美術館須藤一郎館長の「館長のひとりごと」その12を記載します。

首を締める

 少々物騒なタイトルですが、「首を絞める」ではありません。もちろんそれに使われることもないではありませんが、ネクタイの話です。

 最近は会社によってはネクタイ着用の必要がないところも出てきていますが、フォーマル場所ではやはりネクタイは欠かせません。テレビに出てくる政治家、放送局のアナウンサーなどもみな着用していますね。それと今でも必ず締めているのは営業マンなどでしょうか。

 さて、今さらなぜネクタイを着けるようになったのかなど史実を詮索しても仕方がないことですが、女性と違ってネクタイは他にポイントが少ない男性にとって、唯一のおしゃれの小道具なのだと思います。関連して、タイピン、タイタックもおしゃれに大事なものと考えていますが、皆ネクタイひらひらだけで、これらを着けている人は見当たりませんね。

 そんなことでどちらかといえば、私はネクタイ派なのですが、それこそフォーマルな席でないとこのごろは着用して行きにくくなってしまいました。

 ところで私自身ののネクタイ歴です。遠い昔、サラリーマン時代はほかの人もそうですが、白いワイシャツに地味なネクタイでした。しかし、美術に関わるようになり、特に美に敏感なアーティストに囲まれるようになると、カラーワイシャツにおしゃれなネクタイをするように変わってきて、白いワイシャツ、地味なネクタイでは自然と似合わなくなってきたのです。そして、ネクタイは抽象画などと粋がっています。

 もう数年前になりますが、長男の嫁さんが私のところに来て「お父さん、このネクタイをしていただけませんか。K(長男の名前)さんにせっかく買ってきてあげたのに、派手すぎて使えないというのです。」と言って2本のネクタイを置いていきました。

 30歳近くも若い長男に派手なものをなぜ私が着けられるかと躊躇しながらも、それを代わる代わる締めて集まりなどに出ていくと、なんとその都度、よく似合いますねと、皆に褒められるのです。びっくりです。

 このことを含め、もともとは「ネクタイはいただくものと」決めてきましたのに、それがだんだんなくなり、情けないことに、このごろは古いネクタイの「使いまわし」になってしまいました。とても嘆かわしいことです。

すどう美術館 館長 須藤一郎

現代アートの日用品

 日本には昔から、風呂敷や手ぬぐいといった日用品があります。柄の素敵な手ぬぐいは、額に入れて飾ってもインテリアに映えます。

落語家、歌舞伎役者など伝統芸能の世界では、その人オリジナルの手ぬぐいがあることも、いい文化だな、と思います。

 現代アート作家も、作品をハンカチやブックカバー、アクセサリーに変換し、日常に取り入れられる工夫をしている方もいます。

やはり、一般的なデザインとは違いますので、一点ものも多いですし、カバンの中に好きな作家のハンカチやブックカバーが入っていると思うと心が浮き立つものです。

 作品を買うことに、少し躊躇するという方には、このような日用品から現代アートを楽しむこともオススメです!

ご自宅や会社等で、現代アート作品を楽しんでみてはいかがですか! 

作品のお問い合わせや、展示の相談なども承っております。 

作品についてのお問い合わせは、トップページのお問合せからご利用できます。お気軽にコメントお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEアートでした。

協力:写真引用元:すどう美術館

[ Gallery SUDOH director’s monologue ] Part 12″Tighten the neck.”

This blog is for those who loved art classes when they were kids. (Of course, if you weren’t good at it…)

If you go to museums but have never been to a gallery.

For those of you who want to hang paintings and artworks in your home, but don’t know how to do about it.

Here are some tips on how to enjoy contemporary art at home.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudo, Director of Gallery SUDOH, I will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

Tighten the neck.

It is not ” strangling,” although the title is a bit ominous. We are talking about a necktie, although of course it can be used for that.

Although some companies do not require the wearing of ties these days, ties continue to be indispensable in formal settings. For example, politicians and announcers on TV all wear neckties. Also, salespeople still wear ties.

Now, it is no use prying into historical facts such as why people started wearing neckties, but I believe that, unlike women, neckties are the only fashionable prop for men, who have few other points of interest. I also think tie pins and tie tacks are important for fashion, but I don’t see anyone wearing them, just fluttering their neckties.

I am more of a tie person because of this, but it has become difficult for me to wear one these days unless it is a formal occasion.

By the way, here is my own tie history. In the distant past, when I was an office worker, I wore a white shirt and a plain tie, as did many others. However, as I became involved in the art world and surrounded myself with artists who were particularly sensitive to beauty, I began to wear colored shirts and stylish ties, and a white shirt and a plain tie naturally no longer suited me. And ties are chic with abstract paintings, etc.

A few years ago, my oldest son’s wife came to me and said, “Dad, I bought this tie for K (my oldest son’s name), but he says it’s too flashy and he can’t use it.”

I was hesitant as to why I should wear something so flashy for my eldest son, who is almost 30 years younger than me, but when I went to gatherings wearing it instead, everyone complimented me on how well it looked on me each time. I was surprised.

Including this, I had originally decided that ties were to be given to me, but this has gradually disappeared, and I have become a “user of old ties” these days, to my chagrin. It is a very sad thing.

Ichiro Sudoh

Contemporary Art Items

Japan has long had daily items such as Furoshiki and Tenugui. A beautifully patterned tenugui cloth can be framed and displayed as an interior decoration.

In the world of traditional performing arts, such as Rakugo and Kabuki actors, having a person’s original Tenugui is also a good culture.

Some contemporary artists have also devised ways to incorporate their works into daily life by converting them into handkerchiefs, book covers, and accessories.

After all, since they are different from common designs, many are one-of-a-kind, and the thought of having a handkerchief or book cover by a favorite artist in your bag is a heart-lifting experience.

If you are a little hesitant to buy a work of art, I recommend you to enjoy contemporary art from everyday items like this!

Enjoy contemporary artworks in your home or office! 

Please contact us if you have any questions about our work or if you would like to exhibit works.

If you have any questions about our works, please feel free to use the inquiry form on the Top page. We look forward to your comments.

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Cooperation:Photo reference: Gallery SUDOH

Photo Gallery SUDOH Collection Exhibition

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました