髙橋玉恵 作品  Tamae Takahashi Artwork

Artwork

作品コンセプト

素晴らしい可能性を秘めた、人が未来へ生きる力、生命力を、透明感のある水彩絵具の筆を重ねていくことで表現したい。

Concept

I‘d like to show human’s energy for life toward the future, which could create unlimited possibilities, applying many layers of touch of watercolor.

  • タイトル    朝が来る
  • 制作年     2012
  • サイズ     594×841㎜(A1パネル)
  • 素材      紙に水彩(パネル貼り)

コンセプト

どんな時でも、誰にでも、夜が明けて朝が来ます。朝は必ずやってきて、新しい一日が始まります。そんなあたりまえだと思っていた日常のことを、ある時、それは本当にかけがえのないことなのだ、と感じました。最悪な時にも、最高の時にも、それを忘れずいたい、そんな思いをこめた作品です。

concept

On “Asa ga kuru (morning has come)” Every morning necessarily comes after dawn to everyone, and a new day will start. I had taken it for grated, but one day, I found each day really precious. I don’t want to forget this whether I’m in the worst or the best moment. This is a wish that I expressed in “Asa ga kuru.” 

  • タイトル   あした咲く
  • 制作年    2013
  • サイズ    300×300㎜
  • 素材     紙に水彩(パネル貼り)

  • タイトル   あしたの風(小田原もあ10周年アーカイブ展 展示風景)
  • 制作年      2013
  • サイズ    242×410㎜(M6パネル)
  • 素材     紙に水彩(パネル貼り)

  • タイトル  光の庭に(小田原もあ10周年アーカイブ展 展示風景)
  • 制作年   2021
  • サイズ   333×242㎜(F4パネル3枚組)
  • 素材    紙に水彩(パネル貼り)

これからの展覧会

「ひかりのかたち」

10人のアーティストによるグループ展

2022年11月5日(土)〜11月12日(土)

11:00〜16:00

休廊9日(水)

ぎゃらりーぜん

“Forms of Light”

Group exhibition by 10 artists

Saturday, November 5 – Saturday, November 12, 2022

11:00-16:00

Closed Wednesday, November 9

Gyallery-Zen

会場の様子

プロフィール

髙橋玉恵

1967    神奈川県生まれ

1990    玉川大学芸術学科美術専攻染色コース卒業

個展

2003  すどう美術館 (銀座)

2004  Winter and Winter showroom (ミュンヘン)
2005  すどう美術館 (銀座)

2009  ギャラリーび~た (京橋)

2011    すどう美術館 (小田原)

2012    ギャラリィ無有斎 (門前仲町)

グループ展 (近年)

2012  JAPON CONTEMPORANEO la galeria de Guadalajara(スペイン) 同’13

      未来へ げんきアート展 (岩手県山田町、大槌町) 同’13’14’17

       3次元の蟻は垣根を超える すどう美術館(小田原)

     同’13 vol.2 寄木ギャラリーツユキ(小田原)

2013     Rich Seasons オリエ アート・ギャラリー(青山)

2017    Lady Go! (箱根芸術空間 風伯)

2021     小田原もあ10周年アーカイブ展 小田原駅東口図書館

2022   百花 セッションハウス (神楽坂)

  百花 for Noriko Sudoh 落合館 (山北町) 企画 展示

Biography

Tamae Takahashi 

1967    Born in Kanagawa Japan

1990  Graduated department of textile art at Tamagawa University.

Solo exhibition
2003      Gallery SUDOH(Tokyo)

2004  Winter and Winter showroom (Munich)

2005      Gallery SUDOH(Tokyo)

2009      Gallery Vita(Tokyo

2011  Gallery SUDOH(Odawara)

2012  Gallery MUSAI(Tokyo)

Group exhibition (recent years)

2012      JAPON CONTEMPORANEO  (Guadalajara, Spain) ’13

     GAPPE exhibition for disaster area for east part of JAPAN (Iwate) ’13’14’17

    Art and craft collaboration vol.1 Gallery SUDOH(Odawara)

      ’13 vol.2 Yosegi Gallery Tsuyuki(Odawara)

2013      Rich Seasons(ORIE art gallery)

2017      Lady Go!(HAKONE ART SPACE FUHAKU)

2021      the 10th anniversary of Art and craft collaboration (Library in Odawara station)

Hyakka (Session House) (Kagurazaka)

2022 Hyakka for Noriko Sudoh ,Ochiai Kan (Yamakita-machi) Exhibition

関連記事 ▶作家 髙橋玉恵 Artist Tamae Takahashi

協力 Cooperation▶︎すどう美術館 Gallery SUDOH

(注) 作品の著作権は、作家にあります。複製、無断転載等はご遠慮下さい。

(Caution)The copyright of the works is held by the artist. Please do not reproduce or reprint without permission.

コメント

タイトルとURLをコピーしました