【Art Fair|アートフェア】Michiyoshi Deguchi|出口道吉

Artist

 This is a blog that introduces contemporary art works that can be hung in your home.
I would like to share with you the joy of incorporating art into your daily life.

 I hope that by looking at the artworks and artists, you will be able to encounter a special piece of art for yourself.

Artist Michiyoshi Deguchi was introduced at the Clio Art Fair|New York.

*スクロールすると日本語表記があります。

Clio Art Fair, the Anti-Fair for Independent Artists
The Anti-Fair for Independent artists. Discover International Emergent Artists in the heart of NYC.
Clio Artist Spotlight: Michiyoshi Deguchi
Artist, Michiyoshi Deguchi Tokyo-based artist DEGUCHI has in mind the inheritance and development of the philosophy of minimalist painting.Recognizing that mini...

Clio Artist Spotlight: Michiyoshi Deguchi

Tokyo-based artist DEGUCHI has in mind the inheritance and development of the philosophy of minimalist painting.

Recognizing that minimalist painting is the end of the dialectic of painting history, he abandoned “drawing and expressing” and chose to “treat painting as a material.” In his view, minimalist painting is a meditation space consisting of a vast accumulation of dialectics in the history of painting, a space where we can feel the history of painting and humans if we use our imagination.

Therefore, DEGUCHI abandoned the development on the canvas and aimed to create a new space to replace the “meditation space”. And he used ready-made pictorial expressions without asking for his own paintings. More importantly, he used photographs. His purpose was to record the various scenes in which people face the painting. He photographed a variety of people who paint, appreciate, and live in a painting environment.

Finally, what he presented in front of the viewer was a new painting space created by the fusion of a single picture and multiple photographs. In front of the viewer who has set foot in the painting space, there are records of various scenes in which people in the past faced a painting. In other words, it is the emergence of a place where people of the past and present meet through a single picture.

DEGUCHI has developed the space that was once acquired by minimalist paintings into a space where people of the past and present can meet.


Michiyoshi Deguchi has showcased his work in the past Clio Art Fair 16th edition in May 2-5, 2024.HERE is our short interview with the artist!

Michiyoshi, can you please describe your art in four words?

Paintings-photographs as records.

What inspires your art?

Everyday life.

How would you describe your experience at Clio Art Fair?

The Clio venue was lively and full of works by artists with various careers, and the atmosphere was relaxed and friendly with lots of communication between them. On the other hand, they are proud of their respective works and also showed an awareness of the difficulties. To me, that was an indication of healthy mind.

〈Taken from the original text〉


Here is the article I introduced in DE art. You can also watch a video of the atelier and the artwork.


You can see Dokichi Deguchi’s work here↓.

Michiyoshi Deguchi
Michiyoshi DeguchiさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Michiyoshi Deguchiさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
ブラウザーをアップデートしてください
michiyoshi deguchi
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

If you have any questions about his works, please feel free to use the inquiry form on the Top page. We look forward to your comments.

 お家に掛けられる現代アート作品をご紹介し、日常にアートを取り入れる楽しさをお伝えできればと思い綴っているブログです。

作品や作家を知ることから、あなたにとって特別な作品との出会いに繋がれば嬉しいです。

アーティストの出口道吉さんがClio Art Fair|New Yorkで紹介されていますので、一部を掲載いたします。

Clio Art Fair, the Anti-Fair for Independent Artists
The Anti-Fair for Independent artists. Discover International Emergent Artists in the heart of NYC.
Clio Artist Spotlight: Michiyoshi Deguchi
Artist, Michiyoshi Deguchi Tokyo-based artist DEGUCHI has in mind the inheritance and development of the philosophy of minimalist painting.Recognizing that mini...

クリオ・アーティスト・スポットライト 出口道吉

東京を拠点に活動する出口は、ミニマルペインティングの思想の継承と発展を念頭に置いている。

ミニマルペインティングが絵画史の弁証法の終着点であることを認識した彼は、”描くこと、表現すること “を放棄し、”絵画を素材として扱うこと “を選択した。ミニマルペインティングとは、絵画史の弁証法の膨大な蓄積からなる瞑想空間であり、想像力を働かせれば絵画史と人間を感じることができる空間であると彼は考える。

そこで出口は、キャンバス上での展開を放棄し、「瞑想空間」に代わる新たな空間の創造を目指した。そして、自らの絵画を求めることなく、既成の絵画表現を用いた。さらに重要なのは、写真を使ったことだ。彼の目的は、人々が絵と向き合うさまざまな場面を記録することだった。絵を描く人、絵を鑑賞する人、絵のある環境で生活する人、さまざまな人々を撮影した。

そして最後に、彼が鑑賞者の前に提示したのは、一枚の絵と複数の写真の融合による新たな絵画空間だった。絵画空間に足を踏み入れた鑑賞者の目の前には、過去の人々が絵画と向き合った様々なシーンの記録がある。つまり、一枚の絵を通して、過去と現在の人々が出会う場が出現するのだ。

出口は、ミニマル絵画が獲得していた空間を、過去と現在の人々が出会う空間へと発展させたのである。


出口道吉は、2024年5月2日~5日に開催された第16回クリオアートフェアに出展しました。ここでは、このアーティストへの短いインタビューを紹介する!

出口さんのアートを4つの言葉で説明していただけますか?

絵画-記録としての写真。

あなたのアートにインスピレーションを与えるものは何ですか?

日常生活。

クリオ・アートフェアでの経験を教えてください。

クリオの会場は活気があり、様々なキャリアを持つアーティストの作品で溢れていて、アーティスト同士のコミュニケーションも多く、和やかな雰囲気でした。その一方で、それぞれの作品に誇りを持ち、困難に対する意識も感じられました。それは、健全な精神の表れなのだと私は思った。

〈原文より引用〉

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。


こちらはDEアートでご紹介した記事です。アトリエの様子や作品を動画でもご覧いただけます。


こちらから出口道吉さんの作品が見られます↓

Michiyoshi Deguchi
Michiyoshi DeguchiさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Michiyoshi Deguchiさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
ブラウザーをアップデートしてください
michiyoshi deguchi
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

作品についてのお問い合わせは、トップページのお問合せからご利用できます。お気軽にコメントお待ちしております。

Advertisements