作家 金子 牧 Artist Maki Kaneko

Artist

今回は、現代アート作家の金子牧さんをご紹介します。

ノスタルジックな雰囲気のある作品からは、物語が語られているようだ。

作品作りに影響を与えたのは、海外でのアーティスト・イン・レジデンスでの経験が大きい。

それぞれ違う国から来たアーティストが、共同生活をしながら、アトリエで思い思いに制作をする。

作品と向き合う1人の制作者という共通の境遇は、言葉の壁を越えたコミュニケーションを可能にしていく。

”文化が違い、住んでいる環境が違っていても、同じように試行錯誤し、一生懸命描いている人がいる。共感と共に、身近に感じた。

その中にある1つの私。

そう思うと、自分の表現に自信が持てるようになった。”

アーティスト・イン・レジデンスは町おこしを兼ねている場合が多く、交流イベントがたくさん組まれている。

それが醍醐味なのだが、タイトなスケジュールで制作をするので「楽しすぎて、最後はギリギリで、半泣きで、徹夜で描く。」そうだ。人間味溢れるキュートな一面も魅力である。

This time, I would like to introduce you to Maki Kaneko, a contemporary artist.
Her works, which have a nostalgic atmosphere, seem to tell a story.
A major influence on the creation of her works was her experience as an artist-in-residence overseas.
Artists from different countries lived together and worked at their own pace in the studio.
The common circumstance of being a single creator facing her work makes communication possible beyond the language barrier.
“Even though our cultures are different and the environments we live in are different, there are people who are doing the same trial and error and drawing hard. With empathy, I felt close to them.
I am one of them.
When I think of that, I feel more confident in my own expression.”
Artist-in-residence programs often serve as a way to revitalize the town, and many exchange events are organized.
That’s the best part of it, though, because they work on a tight schedule: “I paint at the last minute, half-heartedly, and all night long.” That’s right. The cute side full of humanity is also a charm.

作品コンセプト

印象的な夢や想像、日常的なのに曖昧な記憶 等を探りながら、

油絵具を垂らしたり 練ったり 擦りつけたり 削ったり して 制作をしています。

私にとって絵を描くという事は、作品に現れる今の自分の心理を見つめ整える作業であり、制作の過程がとても大切です。

抽象的な色や線や形で画面が変化していく中で、

言語化できない 曖昧な記憶や夢や想像が 形を作り シンボルとして画面上に生まれる。

それらと対話しながら、絵を完成させていきます。

現代に生きる人の 内面の一例として、正直な表現であることを大切にしています。 

Concept

I create my works by dripping, kneading, rubbing, and scraping oil paints while exploring impressive dreams, imaginations, and vague memories of everyday life.

For me, painting is a process of looking at and adjusting my current state of mind, which appears in my works, and the process of creation is very important.

Ambiguous memories, dreams, and imaginations that cannot be verbalized take shape and appear as symbols on the screen. As the screen changes with abstract colors, lines and shapes.

While interacting with them, I complete my paintings.

I value honest expression as an example of the inner life of people living today. 

略歴

1982 年 東京生まれ

2006 年 多摩美術大学院 絵画学科油画専攻卒業

個展

2005 年 galleria GARASHA(東京都豊島区 池袋) / 同2006年

2011 年 すどう美術館(神奈川県小田原市)

2012 年 ギャラリー無有齊(東京都江東区 門前仲町)

2020 年 muni(埼玉県蓮田市)/ 同2021年

     ONVO SALON urawa(埼玉県 浦和区)

2022年 「Maki Kaneko Exhibition 08」1010 Art Gallery(横浜)

グループ展・公募展等・出展展覧会等

2005年 第3回渓展 (新宿 ギャラリー渓)

2006年 新池袋モンパルナス  西口まちかど「回遊美術館」展 

     鼓動の共有展(ギャラリー石田 教師展)

2007年 ONLY LOVE展 

     wwr9 企画展 01 六本木勢関堂 UMU / 同2008年

2009年 Y150 赤レンガ倉庫展示

2010年 若き画家たちからのメッセージ展 大賞受賞 (小田原すどう美術館)

2011年 新春を開く展 (小田原すどう美術館) 

     新池袋モンパルナス 西口まちかど「回遊美術館」展 

2012年 スペインアートレジデンス [SIANOJA] 参加       

     東北復興支援展 元気アート 01 GAPP 山田町 大槌町(後例年参加) 

     白岡アトリエ展(埼玉県白岡アトリエ)(後例年参加)

2013年 小田原もあ展   寄木ギャラリーツユキ(後例年参加)

2014年 小田原アートホテル 2014 「わたしの一部屋」展(小田原ホテルグリーン)         

    東日本元気アートプロジェクト チャリティ展   (小田原すどう美術館)    

     RED WORKS展 (横浜 s.c.wrks)

     白岡アトリエ展(ギャラリーユウキ 飛田給)     

2015年 マーブル展 (ギャラリーユウキ 飛田給)(後例年参加)

2016年 東日本元気アートプロジェクト チャリティ展 (ギャラリー工 新高円寺)   

     あたらしい展覧会 (アート千代田 3331)

     スロベニア アートレジデンス(mmmart)5 月・9 月

2017年 Lady Go! 風伯グループ展(箱根)/

     GAPPE チャリティ展 ( 門前仲町ギャラリー無有齊)  

     花展(SOL  東京都銀座)

     ひっそり展 muni(後例年参加)

     スロベニア・日本 交流展 「境界を越えて」 (スロベニア)

2018年 5000 or 10000yen Art  ACY横浜

2019年 アンリの花展 1010美術(横浜)

    「自画像 或いは 人物画」展(muni)

2020年 BLUE BLUE EXHIBITION (四季彩舎)

       microcosm小さな立体の作品展(muni)

     ONVO STUDIO EXHIBITION VO.1 VO.2 (オンボスタジオ 伊奈)  

     須藤一郎と世界一小さい美術館物語 (多摩美術大学美術館)

2021年 BLUE BLUE EXHIBITION (四季彩舎)

     Connect Exhibition (ACY横浜)       

     小田原もあ展 10周年アーカイブ展(小田原駅東口図書館)       

     よい一日を︕︕展 中和ギャラリー(銀座)


これからの展覧会

Facebook

Maki Kaneko | Facebook

Instagram

@kanekomaki0220

関連記事 金子牧 作品 Maki Kaneko Artwork

協力 ▶すどう美術館 Cooperation Gallery SUDOH

作品の著作権は、作家にあります。複製、無断転載等はご遠慮下さい。

The copyright of the works are held by the artist. Please do not reproduce or reprint without permission.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました