すどう美術館 館長のひとりごと その16「ヨコ社会」

blog

 作家や作品を知ることで、現代アートを身近に感じ、お気に入りの作品に出会えるようなご提案をしています。

お家に現代アート作品を飾り、日常にアートを取り入れる楽しさをお伝えできればと思っています。

今回は、すどう美術館須藤一郎館長の「館長のひとりごと」その16を記載します。

ヨコ社会

 38年余の会社生活では組織を中心とするタテ社会で、それはそれでいろいろな体験ができましたが、私にとって美術の生活はヨコ社会であり、さらに広い経験を積むことができました。

 まず、展覧会に見に来てくださる方との関係です。一般の方も社会的に地位の高い方も、そして子どもたちもみな横並びですし、出展していただくアーティストも含め、上下という扱い方はありません。

 それから、展示を行ない、ただ座しているだけでは美術の愛好家は増えていかないとの思いから、銀座時代にはまず館内でのコンサートを定期的に行うこととしました。お願いしたのは知り合いになった、元日本フィル交響楽団コンサートマスターのOさんとその関係のヴァイオリン、ヴィオラ等の皆さんによるものと、近所で小さい時からよく知っていて、今やNHK交響楽団員として活躍するヴァイオリニストのYちゃんとその仲間の人たちによるものとの二つです。

 また知人から頼まれて演劇もやりました。舞台などないのに上手く舞台らしきものを設定して行ったものです。

 それから少し変わったものとして、これも始まりは依頼を受けてですが、定期的な落語会です。立川談志一門の前座4人で3か月ごとに行いました。

 いずれも人間にとって大事なものであり、美術との相乗効果を期待してですが、かなりの効果があったと思います。それに、美術の人たちに加え、音楽、演劇、落語のひとたちの世界それぞれを知ることができたのが大きな収穫でした。

 アーティストはもともと一人の活動ですが、交響楽団の人たちも演奏終了後、打ち上げなど全くなく、サッサとみな帰路に就くなどのことも知りました。

落語家たちは師匠に仕え、義理人情などについて自然と教えられるのでしょうか、お中元、お歳暮などよくいただきましたが、送るなどしません。必ず4人が雁首をそろえ、届けに来たものです。因みに談志の直接弟子であった談大は若くして亡くなりましたが、志の輔の弟子の晴の輔、志らくの弟子の志らら、談幸の弟子の吉幸の3人はみな真打となり活躍しています。

特に志ららさんとはご愛妻とともに深いつき合いが続いていますが、彼の人柄もあるのでしょうか、落語を聞きに行った時とか、飲む会をした時など、必ず後で電話があり、体調を気遣ってくれたり、お礼を言われたりします。

 さてヨコの世界はさらに広がり、海外アートフェアへの参加、海外のアーティストを含め行ってきた「アーティスト・イン・レジデンス」などにより、海外のアーティストやギャラリーとの付き合いもでき、オーバーに言えば世界に輪が広がったのです。

 ヨコ社会に足を踏み入れ、タテ社会だけでは知りえなかったことをいろいろ知ることができ、本当に幸せなことだったと思っています。

すどう美術館 館長 須藤一郎

現代アート作品の中で聴く落語、朗読、コンサート

 こちらは2020年、多摩美術大学美術館で開催された「須藤一郎と世界一小さい美術館ものがたり」で収録されたものです。是非ご覧ください!

【落語】すどう美術館コレクションと一緒に観て聴く落語会

【創作朗読】小山田二郎《舞踏》

【創作朗読】わたしはまだ生きている〜星崎幸之助《沙漠の花》からうまれた物語〜

【創作朗読】ある大地のものがたり〜星崎幸之助《沙漠の花》からうまれた物語〜

【朗読×音楽】汚れていて美しい絵ものがたり

絵の森のコンサート(第1部) ~私たちのげんきアート・プロジェクト~

絵の森のコンサート (第2部)~私たちのげんきアート・プロジェクト~

絵の森のコンサート (第3部)~私たちのげんきアート・プロジェクト~

アート作品の中で体感する落語や音楽は、周りに何もない会場で聞く落語や音楽と、また違った趣があるのではないでしょうか。

創作朗読に至っては、作品からインスピレーションを受けて作られたオリジナルの物語を朗読しています。

アートの広がりを感じる面白い試みに引き込まれます。

ご自宅や会社等で、現代アート作品を楽しんでみてはいかがですか! 

作品のお問い合わせや、展示の相談なども承っております。 

作品についてのお問い合わせは、トップページのお問合せからご利用できます。お気軽にコメントお待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

引用元:「【多摩美術大学美術館】いつでもどこでも TAUM」

【多摩美術大学美術館】いつでもどこでも TAUM(タウム)
多摩美術大学美術館の公式チャンネルです。 当館YouTube 公式チャンネル「(いつでもどこでも TAUM(タウム)」では、 おうち時間を充実したものにする、さまざまな動画を配信しています。 お問い合わせや詳細な情報につきましては、ホームページをご覧ください。

協力:すどう美術館

[ Gallery SUDOH director’s monologue ] Part16 “A society that spreads horizontally.”

I suggest that by getting to know the artists and artworks, you will feel familiar with contemporary art and find your favorite works.

I hope to convey to you the pleasure of decorating your home with contemporary art and incorporating art into your daily life.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudo, Director of Gallery SUDOH, I will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

A society that spreads horizontally.

In my 38-plus years in the corporate world, I experienced a vertical society centered on the organization, but my life in the fine arts was a horizontal society, and I was able to gain a wider range of experiences.

First of all, we have a relationship with the people who come to see our exhibitions. The general public, people of high social standing, and children are all treated side by side, and there is no hierarchy among the exhibiting artists.

Then, realizing that the number of art lovers would not increase if the museum just sat there and exhibited, we decided to hold regular concerts in the gallery during our time in Ginza.

Two groups were requested: one by Mr. O, former concertmaster of the Japan Philharmonic Orchestra, who is now an acquaintance of mine, and his related violin and viola players, and the other by Ms. Y, a violinist I have known since I was a child in the neighborhood and now an active NHK Symphony Orchestra member, and her colleagues.

I also organized a theater at the request of an acquaintance. I had to successfully set up something that looked like a stage, even though there was no such thing as a stage.

Then there was something a little different, which also started out as a request, but it was a regular Rakugo performance. Four members of the Tatekawa Danshi troupe performed every three months.

All of these are important for human beings, and I hope they will have a synergistic effect with art, but I think they have been quite effective.

In addition to the art world, it was a great opportunity to learn about the worlds of music, theater, and Rakugo.

Although the artist is a one-person operation, I also learned that the symphony orchestra members do not have a launch party after the performance, and everyone goes home without hesitation.

Rakugo storytellers served their masters, and perhaps they were naturally taught about the importance of human kindness and duty.

I often received mid-year and year-end gifts from them. The four of them always came together to deliver it.

Dan Dai, who was a direct disciple of Danshi, passed away at a young age, but three of his disciples, Harunosuke, a disciple of Shinosuke ,Shiraku’s disciple Shirara, and Danko’s disciple Kikko have all become active as professional performers.

In particular, I have maintained a close relationship with Shirara-san and his beloved wife, and perhaps due to his personality, he always calls me later when we go to hear Rakugo or have a drink together, and he is always concerned about my health and thanks me for my help.

Now, A horizontally society has expanded further, and through participation in overseas art fairs and “artist-in-residence” programs that include overseas artists, we have developed relationships with overseas artists and galleries, and, to put it another way, our circle has expanded to the world.

I feel truly blessed to have stepped into the horizontal society and learned many things that I could not have known only in the vertical society.

Ichiro Sudoh

Rakugo, recitations, and concerts heard in a contemporary artworks

This was recorded at “Ichiro Sudo and the World’s Smallest Museum Story” held at Tama Art University Museum in 2020. Please take a look!

[Rakugo] Watch and listen to Rakugo with the Gallery SUDOH Collection

[Creative Reading] Jiro Oyamada’s “Dancing Tread”

[Creative Reading] I am still alive – A story born from Konosuke Hoshizaki’s “Flowers of the Desert”.

[Creative Reading] A Story of the Land – A Story Born from Konosuke Hoshizaki’s “Flowers of the Desert” –

[Reading × Music] Dirty but Beautiful Picture Stories

Picture Forest Concert (Part 1) – Our Genki Art Project

Picture Forest Concert (Part 2) – Our Genki Art Project

Picture Forest Concert (Part 3) – Our Genki Art Project

Experiencing Rakugo and music in artworks may have a different atmosphere from listening to Rakugo and music in a venue with no surroundings.

When it comes to creative readings, they read original stories inspired by the works.

I was drawn in by this interesting attempt to expand the scope of art.

Enjoy contemporary artworks in your home or office! 

Please contact us if you have any questions about our work or if you would like to exhibit works.

If you have any questions about our works, please feel free to use the inquiry form on the Top page. We look forward to your comments.

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Reference:「【Tama Art University Museum】Anytime, Anywhere TAUM」

【多摩美術大学美術館】いつでもどこでも TAUM(タウム)
多摩美術大学美術館の公式チャンネルです。 当館YouTube 公式チャンネル「(いつでもどこでも TAUM(タウム)」では、 おうち時間を充実したものにする、さまざまな動画を配信しています。 お問い合わせや詳細な情報につきましては、ホームページをご覧ください。

Cooperation:Gallery SUDOH

Image by efes from Pixabay

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました