すどう美術館 館長のひとりごと その6「 ギャラリー回り」

blog

このブログでは、子供の頃、美術の授業が好きだった方(もちろん苦手だった方も)

美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方

家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向けて、

現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

今回、すどう美術館の須藤一郎館長からご協力いただき「すどう美術館 館長のひとりごと」を掲載致します。

 ギャラリー回り

 体調を考えながらですが、コロナ禍もものともせず、かなりの頻度で、小田原から東京へ出てギャラリー(画廊)回りをしています。銀座を中心に京橋、日本橋のほか、もう少し離れたところまで、足を延ばすことがあります。

 毎日、多くのギャラリーや画家から展覧会案内をいただきますので、応援したい画家の作品を見て差しあげたいのと、いろいろな展覧会を見て、美術界の動向を知り、時代に遅れないようにしたいとの気持ちもあります。

 ギャラリーにはそれぞれ個性があって、オーナーやスタッフが暖かく対応してくださるところもありますし、画家もギャラリーの人もいず、絵だけ掛けてあるところなどさまざまです。画家と来廊者と関わるギャラリーが三者一体となって運営することが大切だという考えで長年やってきた私の哲学から言えば、後者のオーナーは貸しのギャラリーの場合にしても、これで満足なのだろうかなどと余計な心配もしてみますが、これはこれで黙って絵だけ見て自由に退散すればいいわけで、楽だなとも思います。

 さて、周りの私の身を案じてくださる人たちからは、無理をしないようにと、きつく釘を刺されるのですが、家に着いて数えてみるといつも10数か所、時には20か所近くギャラリーを回ってしまっています。ケイタイに万歩計が付いていて「今日は1万歩を超しました。素晴らしい‼」などと表示がされたりです。

 自分でも無理をしてはいけないと思い、これからは少し考えて歩こうと思っていますが、歩くことにより体力が保てている面もあるのかもしれません。

 もう一つ、出ることによってうれしいのは、ギャラリー内はもちろん外の通りでも思わぬ人に出会うことがあることです。マスク姿の今はすぐにわからない場合もありますが、本当に久しぶりの出会いもあり、旧交を温められます。

 逆に残念なことは、いろいろな収穫もあるのですが、それだけたくさん回っても私の思ういい絵にはなかなか出合わないことでしょうか。それぞれ頑張っていて、それなりに出来上がっている絵はたくさんあるのですが、この絵をそばに置いて一生付き合いたいと思う絵が少ないのです。

 絵を描く人は絵バカにならず、どれだけ自分を豊かにし、人間としての魅力を作るかがカギを握っているように思うのです。

すどう美術館 館長 須藤一郎

体感と体験の違い

2021年、バーチャルの世界が進み、アートにもその波が押し寄せている。VR技術による美術館鑑賞、NFT(代替不可能な貨幣)というものを紐づけたデジタルアート。

先日、館長達とその話題なった。仮想通貨によってすごい額で取引されているそうだ。

私は家に掛けて作品を楽しみたい、家に掛ける良さは‟見ようとしなくても見えるところにある”。家事をしながら、ふと目に入る、階段を上がりきるといつもそこにある、そういう存在感だ。生活の中で、作品の力による恩恵を私は受け続けている。

これは実態のある体験だ。

さて、デジタルアートはどうだろう、さあ見るぞとVRを取り付け、入り込む世界、それはそれで魅力的だろう。全身に浴びるようにアートの世界へ引き込まれるのかもしれない。

実態がそこになくても体感として楽しむのだろう。

私自身は詳しくないので批判するつもりもないが、こう考えてしまう。

家に掛けるにはどうしたらいいかしら?

VRを付けて家事をするのは厳しいな、さあ見るぞ!と作品の前でVRを被る行為、いつまで続くかしら…めんどくさくなってしまいそう。

アート全体の、大きなうねりから少し外れているのかもしれないが、作品と暮らす体験を提案するという、身の丈に合った活動を続けようと思う。

 館長のギャラリー回りは、自分の足で、目で、いい絵に出合いたいと願いながら行う。体を動かしてする行動は体験として心に深く刻まれる。その繰り返しが、一生付き合いたい作品との出合いを生んでいくのだ。今、なかなか出合えないと話しているが、その目を作ってきた行動、体験そのものが確かな作品を見極めるからだと実感する。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

協力:写真引用元:すどう美術館

[ Gallery SUDOH director’s monologue ]Part 6 ‟ Walk around the gallery. ”

This blog is for those who loved art classes when they were kids. (Of course, if you weren’t good at it…)

If you go to museums but have never been to a gallery.

For those of you who want to hang paintings and artworks in your home, but don’t know how to go about it.

Here are some tips on how to enjoy contemporary art at home.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudo, Director of Gallery SUDOH, I will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

Walk around the gallery.

 I have been visiting galleries in Tokyo from Odawara quite often, considering my physical condition, but without worrying about the coronary heart attack. I sometimes go to Ginza, Kyobashi, Nihonbashi, and other places a little farther away.

 Every day, I receive invitations to exhibitions from many galleries and painters, and I want to see the works of the artists I want to support.

 Each gallery has its own personality, and there are some where the owner and staff are warm and welcoming, and others where there are no artists or gallery staff, just paintings. My philosophy is that it is important for the artist, the visitor, and the gallery to work in unison. I think it’s easy.

 The people around me who care about me always tell me not to overdo it, but when I arrive home, I find that I have always visited more than ten galleries, sometimes almost twenty. I have a pedometer attached to my cell phone, and it says, “I took more than 10,000 steps today. It’s a wonderful ministry.

 I know I shouldn’t push myself too hard, and from now on I will try to walk with a little more thought, but I think walking may be one of the aspects that helps me keep my strength.

 Another thing that makes me happy is that I sometimes meet unexpected people both inside the gallery and on the street outside. It’s not always easy to recognize them now that they are wearing masks, but sometimes you meet people you haven’t seen in a really long time, and you can renew old friendships.

 On the other hand, the disappointing thing is that even though I have a lot of harvest, it is hard to find good paintings that I like. There are a lot of pictures that are well done, but there are few that I would like to keep close by my side for the rest of my life.

 I think the key for painters is not to become picture idiots, but how much they can enrich themselves and make themselves attractive as human beings.

Ichiro Sudoh

The difference between sensory experience and physical experience.

 In the year 2021, the virtual world is advancing, and it’s coming to art as well: VR technology for museums, digital art tied to NFT (non-replaceable money).

The other day, we were talking about it with the directors , and they told me that virtual currency is being traded for a huge amount.

 I would like to hang the work in my house to enjoy it. The advantage of hanging it in the house is that it is visible without looking at it.

The beauty of hanging them in the house is that you don’t have to look to see them, they are always there, just out of sight as you go about your chores or as you walk up the stairs.

In my daily life, my mind continues to benefit from the power of artworks.

This is a real experience.

 Now, how about digital art, let’s look at it, attach VR, and enter the world, that would be fascinating. You may be drawn into the world of art as if your whole body is bathed in it.

Even if the reality is not there, they will enjoy the sensory experience.

I don’t know much about it myself, so I’m not going to criticize it, but here’s what I’m thinking.

How do I hang this in my house?

It’s tough to do housework with VR on, let’s see! I don’t know how long I’ll be able to continue this act of putting on VR in front of my work…it’s going to get annoying.

I may be a little out of step with the big wave of art as a whole, but I will continue to work in a way that is appropriate for my size, proposing the experience of living with artworks.

 Therefore, the director of Gallery SUDOH makes his rounds of the galleries with his feet and eyes, hoping to come across a good painting.

The experience of moving one’s body is deeply engraved in one’s mind. This repetition leads to encounters with works of art that one would like to have for the rest of one’s life.

He says that it is difficult to find a good painting now, but I feel that it is because the very actions and experiences that have created his eyes can identify a good painting.

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Cooperation:Photo reference:Gallery SUDOH

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました