【すどう美術館 館長のひとりごと】その4「いい絵の基準」

blog

このブログでは、子供の頃、美術の授業が好きだった方(もちろん、苦手だった方も)

美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方

家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向けて、

現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

今回、すどう美術館の須藤一郎館長からご協力いただき「すどう美術館 館長のひとりごと」を掲載致します。

いい絵の基準

 何をもっていい絵というのでしょうか。

 いい絵の基準なんかなくて、私は見る人がいい絵と思えばそれが「いい絵」ということでいいのだと思っています。講演などでそんな話をすると、「館長のいい絵はどんな絵ですか」と質問を受けることがありますが、そんな時、次のようにお答えしています。私のいい絵の基準は「その絵と心中できるかということです。これは少々オーバーですが、少なくてもその絵をそばに掛け、一生つきあえるかどうかです」と。

 そして結婚をする相手を選ぶのと同じで、つい顔が美しいかどうかだけで選びがちですが、そうすると、やがて飽きがきて悔やむことになるでしょうと、余計な話をしたりもしますが…。

 要するに表面的な美しさやうまさではなく、その奥の画家の内面的なものがしっかりしていて、こちらの心に響いてくる。ということでしょうか。

 私はアーティストの人たちには「自分がいて絵を描くのではなくて、自分自身が作品です。いい絵を描くには自分をどれだけ豊かにするかが大事で、絵以外のことにもいろいろ力を入れるべきです。そして自分が作品ですから人の目を意識してではなく、ありのまま、自分の絵を描き、その結果を見てもらうことが重要ではないでしょうか」とも言っています。

 少々理屈めいてきましたが、いい絵を選ぶには有名な画家の作品だからとか、価格が高いからなどではなく、画家の人間的な深さがどう感じられるかにかかっていると思うのです。若い画家の作品でも、価格の安い作品でもいい絵がたくさんありますので、ぜひ、そんな観点でお選びいただければと願っています。

 最後にご参考までですが、絵の価値と実際の取引価格との大きなギャップがある例をお伝えします。

もうしばらく前のことになりますが、あるオークション会社があまり大きくない絵を1万円に評価し、オークションにかけようとしたのです。しかし、その絵が亡くなった有名な画家のところから持ち込まれたことに加え、ゴッホの作品に似ていたことから、念のため海外のゴッホの協会に照会したのだそうです。

 そうしたら本物のゴッホの作品というお墨付きもらう結果となり、なんと、300万円に値を上げてオークションにかけたのです。驚いたことにオークションでどんどん価格がつり上がり、最後6,600万円で落札されたのです。落札者は広島の実業家の人と聞いています。

 最初の1万円の評価がどうかはともかく、評価額とは別の要素で値段だけ高くなった実例です。私は評価1万円が6,600万円になったわけですから、その差額、6,599万円はゴッホの名義料と言っております。

すどう美術館 館長 須藤一郎

すどう美術館のコレクション

すどう美術館には約400点、現代アートのコレクションがある。今、棚卸さながらにリスト化作業を進めている所に参加させていただいている。

この作業が楽しい。作品を1つ1つ出し、写真を撮り、額などキレイにしてしまう地道な作業だ。次はどんな作品が出てくるのかワクワクしながら梱包を開ける。「あー懐かしい、あー素敵、次は~さんの作品だ!」といった感じである。

現代アートは表現が自由な分、傾向の幅が広く、好みは分散されると感じている。だからこそ、開けても開けてもステキな作品が出てくるコレクションは、須藤ご夫妻の慧眼の賜物。

すどう美術館コレクション展は一見の価値あり、いや、必須でご覧いただきたい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

協力:写真引用元:すどう美術館

▼DEアート YouTube

身近な現代アートを【DEアート】Familiar contemporary art 【DE art】
有名な作家でなくても、いい作品を制作している作家がいるのをご存知でしょうか? 教科書に載るような現代アートではなく、身近な現代アートをご紹介しています。 自分の感覚に正直に「いい作品」見つけてみてはいかがでしょう! 作家や作品を通して、お気に入りの作品との出会いに繋がると嬉しいです。 アートを暮らしに取り入れ、お家...

▼DEアート Blog

DEアートブログ
現代アートの楽しみ方

▼DEアート Instagram

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

[ Gallery SUDOH director’s monologue ]Part 3 “Criteria for good artwork”

This blog is for those who loved art classes when they were kids. (Of course, if you weren’t good at it…)

If you go to museums but have never been to a gallery.

For those of you who want to hang paintings and artworks in your home, but don’t know how to go about it.

Here are some tips on how to enjoy contemporary art at home.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudo, Director of Gallery SUDOH, we will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

Criteria for good artwork

What makes a good painting?

I believe that there is no standard for what constitutes a good painting, and that if the viewer thinks it is a good painting, then it is a good painting. When I talk about this in my lectures, I am sometimes asked, “What is a good painting for you? My criterion for a good painting is whether or not I can die together with it. This is a bit of an exaggeration, but at the very least, it is whether or not I can hang on to that painting for the rest of my life.

Just like choosing a partner for marriage, we tend to choose a person based on whether or not he or she has a beautiful face, but if we do that, we will eventually get bored and regret it.
 In short, it’s not about superficial beauty or skill, but about the inner workings of the artist that resonates with us. I guess you could say that.

I tell artists, “You don’t paint because you are, you are the work of art. To make a good painting, it is important to enrich yourself, and you should put a lot of effort into things other than painting. And since you are the work of art, it is important to paint yourself as you are, not with the eyes of others in mind, and let them see the results of your painting.

This may sound a bit theoretical, but I think that choosing a good painting depends on how you feel the depth of the artist’s humanity, not on the fact that it is by a famous artist or that the price is high. There are many good paintings by young artists, even inexpensive ones, so I hope you will choose one from this perspective.

Finally, just for your information, I would like to share with you an example of a big gap between the value of a painting and its actual trading price.
 Some time ago, an auction company valued a not-so-large painting at 10,000 yen and tried to auction it off. However, because the painting had been brought in from a famous artist who had passed away, and because it resembled a work by Van Gogh, they referred it to the Van Gogh Society overseas just to be sure.

The price was raised to 3 million yen and auctioned off. Surprisingly, the price went up and up at the auction, and finally it was sold for 66 million yen. I heard that the successful bidder was a businessman from in the Hiroshima area.

Regardless of the initial valuation of 10,000 yen, this is an actual example where the price only went up due to factors other than the valuation. I say that since the valuation of 10,000 yen became 66 million yen, the difference, 65.99 million yen, is Van Gogh’s name fee.

Ichiro Sudoh

Collection of Gallery SUDOH

The Gallery SUDOH has a collection of about 400 pieces of contemporary art. I am now participating in the inventory process of listing them. I am enjoying this work. It is a steady process of taking out the works one by one, photographing them, and cleaning the frames. I open the package, excited to see what kind of work will come out next. It’s like, “Oh, how I miss this, this is so nice, next is Mr. ~’s work! That’s how I feel.
Contemporary art has a wide range of tendencies due to the freedom of expression, and I feel that tastes are dispersed. That’s why the Sudo couple’s keen eye is responsible for the collection of beautiful works that keep popping up.
The exhibition of the Gallery SUDOH collection is worth a visit, or rather, a must-see!

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Cooperation:Photo reference:Gallery SUDOH

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました