作家 髙橋玉恵 Artist Tamae Takahashi

Artist

今回は、現代アート作家の髙橋玉恵さんをご紹介します。

すどう美術館の仕事をしながら、個展やグループ展、海外への出展など、精力的に作家活動を展開。

作品は、さわやかで清々しく、見る度に新鮮な風を感じられる様な作風!

私は、寝室や玄関に掛けています。

This time, I’d like to introduce you to Tamae Takahashi, a contemporary art artist.

While working at Gallery SUDOH, she has been actively developing her artistic activities through solo and group exhibitions, as well as exhibiting overseas.

Her works are refreshing and clean, and every time you see them you can feel a fresh breeze!

I hang them in my bedroom and at the entrance.

コンセプト

素晴らしい可能性を秘めた、人が未来へ生きる力、生命力を、透明感のある水彩絵具の筆を重ねていくことで表現したい。

プロフィール

髙橋玉恵 

1967    神奈川県生まれ

1990    玉川大学芸術学科美術専攻染色コース卒業

個展

2003  すどう美術館 (銀座)

2004  Winter and Winter showroom (ミュンヘン)

2005  すどう美術館 (銀座)

2009  ギャラリーび~た (京橋)

2011    すどう美術館 (小田原)

2012   ギャラリィ無有斎 (門前仲町)

グループ展 (近年)

2012  JAPON CONTEMPORANEO la galeria de Guadalajara(スペイン) 同’13

     未来へ げんきアート展 (岩手県山田町、大槌町) 同’13’14’17

     3次元の蟻は垣根を超える すどう美術館(小田原)

     同’13 vol.2 寄木ギャラリーツユキ(小田原)

2013     Rich Seasons オリエ アート・ギャラリー(青山)

2017     Lady Go! (箱根芸術空間 風伯)

2021     小田原もあ10周年アーカイブ展 小田原駅東口図書館

Concept

I‘d like to show human’s energy for life toward the future, which could create unlimited possibilities, applying many layers of touch of watercolor.

Biography

Tamae Takahashi 

1967   Born in Kanagawa Japan

1990  Graduated department of textile art at Tamagawa University.

Solo exhibition
2003     Gallery SUDOH(Tokyo)

2004  Winter and Winter showroom (Munich)

2005    Gallery SUDOH(Tokyo)

2009     Gallery Vita(Tokyo)

2011  Gallery SUDOH(Odawara)

2012  Gallery MUSAI(Tokyo)

Group exhibition (recent years)

2012      JAPON CONTEMPORANEO  (Guadalajara, Spain) ’13

     GAPPE exhibition for disaster area for east part of JAPAN (Iwate) ’13’14’17

     Art and craft collaboration vol.1 Gallery SUDOH(Odawara)

     ’13 vol.2 Yosegi Gallery Tsuyuki(Odawara)

2013      Rich Seasons(ORIE art gallery)

2017      Lady Go!(HAKONE ART SPACE FUHAKU)

2021      the 10th anniversary of Art and craft collaboration (Library in Odawara station)

YouTube動画

アトリエを訪問し、制作のお話や、作品の解説など伺いました。

なかなか聞けない、作品の奥にあるものを聞くことで、作品をより新鮮に感じられます!

前編、後編全て見ても10分以内ですので、是非ご覧ください‼

20年来のお付き合いですが、目から鱗の事実がありました。

I visited her studio and listened to her stories and explanations of her works.

Hearing what’s behind the work, which is not easy to hear, makes the work feel fresher!

It takes less than 10 minutes to watch the entire first and second parts, so please take a look at !!

I’ve known her for 20 years, but there was a fact that I didn’t know.

「現代アートのアトリエから No.1 」 「From one of a contemporary art studio. No.1」

「現代アートのアトリエから No.2 」「From one of a contemporary art studio. No.2」

YouTubeでお伝えしきれなかった、インタビューの詳細は次の通りです!

☆作品を創る時、コンセプト、テーマはありますか?

作品を作り始めた染色の学生時代は、見えるもの(季節感や風景など)を表現しようとすることがほとんどでした。

卒業制作でシルクオーガンジーという素材に出会い、布を数枚重ね、透けて色や形が見える表現を試み、制作しました。この複数の層で透けて色が見える感覚は、現在の制作の中でも生きています。

卒業後、紙を支持体として制作を続けていくうちに、自分の気持ち、感情など見えないものを表現するようになっていきます。素材は変わりましたが、色や形、もよう、制作に対する感覚は、染色からの流れが続いています。

初個展を開いた2003年、まとまった作品制作のスタートでしたが、その年に母親が病気になり、日々人間の生命力と向き合い、様々なことを考えさせられました。そして、人間の生命力には計り知れない力があり、大きな可能性を秘めていることを実感したのです。そのことが、制作に大きな影響を与え、作品のテーマとなっていきます。今もその思いは、制作の根底にあります。

2012年以降、東日本げんきアートプロジェクトで、美術作家と音楽家で行った東日本大震災の被災地での展覧会とコンサートでの経験が、制作へ向かう気持ちに大きく影響しました。

大変な恐怖を経験されたみなさんに、短期間の滞在で、絵や音楽をどう受け止められるかという思いがありましたが、予想以上に「一日でも気持ちがやわらいだ」「前を向くきっかけになった」という感想をたくさんいただいて、美術や音楽が人の気持ちの助けになる、ということを確信する経験をさせていただきました。

「アートが果たすべき役割がもっとある。」と思うようになりました。

この二つのことが、現在の作家活動の根底にあり、私が作品を制作する原動力となっています。その上でその時々に表現したいものを作品にしています。

☆作品と向き合っている時は何を考えていますか?

自分の素の部分と向き合うことに集中し、今表現したいものは何か、それをどうしたら表現できるか、ということを考えています。そして、よい呼吸で画面に向き合い、心のままに自分の体から流れ出てくるものを筆にのせて、作品にしたいと思っています。

☆作家にとって、喜びは何ですか?続けるモチベーションは?

自分が表現したいものが、作品に表わせた時、また、作品を展示して、見ていただき、見る人に何かが伝わった時が一番の喜びです。その喜びがモチベーションの大切なひとつです。

☆自分の作品の楽しみ方、また、他の作家の作品はどう楽しんでいますか?

作品にはとてもエネルギーがあり、部屋に飾っていると、力をもらえるような感じがします。日々の生活がちょっと楽しく、気持ちよくなる。作品が目に入ると、ちょっと嬉しくなるような感覚です。自分のも他の方の作品も同じように感じていますが、自分以外の作品は、その作家さんを身近に感じられるような気持にもなります。

Here are the details of the interview that I couldn’t share on YouTube!

☆What is a theme or a concept when you work?

As a student of senshoku (dyeing) at university, I started making works almost trying to express something visible, like surrounding seasonal views.

And, when working on a graduation piece, I came across a material called silk organdy, which led me to trying an expression of colors or shapes seen through layers of cloth sheets. This sense of colors I got then still works for my production today.

Graduating from the university, I worked using paper as a support for some time, and began to try an expression of something invisible, such as feeling or emotion of my own. Though I now use different materials, the sense for colors, shapes, patterns or working method is even now based on the experience I got with senshoku.

In 2003, I had the first solo exhibition, a start of my career presenting some works. But, in the year, my mother got ill, and I inevitably became aware of human life everyday thinking of various matters — I realized that man’s life force has enormous potentiality or great possibility. The experience at that time is to have a strong influence on my production, working as a subject matter. Even today, this thought remains basic to my artistic activity.

Another big influence on my work is an experience that I was engaged in Higashi Nihon Genki Art Project for the area stricken in Great East Japanese Earthquake; artists and musicians did supporting activities through exhibitions and concerts. Though wondering how the residents there who experienced such a great terror would accept our art or music presented during our very brief stay, we unexpectedly received not a few favorable responses from them, such as “We were relieved even for a moment” and ” Your music and art gave us a start of looking forward.” We confirmed that art or music can be helpful for people. I have come to believe “there must be more roles expected of art.”

  ↓

While these two experiences are definitely a basic to my activities and a motive of creating works, I work according to things I feel I want to express for now.

☆What do you think of when you’re working? 

I try to be faithful to my nature as much as possible, and think about what I want to express and how I can do it. I face to the canvas in good breathing. I’d like to make things naturally coming out of myself into a work using paintbrush.  

☆As an artist, where do you find a joy?  What motivates you to keep working?

I find extreme joy in making a work as I wanted, and succeeding in conveying something to viewers through the work I presented. The joy is one of my precious motivations to work.

☆How do you enjoy your own work or other artists’?

A work has much energy; a work I hang at home somehow gives me a power, and makes my daily life more pleasant or refreshed. This is such a sense as I feel I’m glad seeing a work, whether or not the work is done by me. Works by others seem to let me feel the artist closer to myself.

取材後記

髙橋さんとの出会いは20年前、すどう美術館で一緒に仕事をする同僚として始まりました。

作家としても個展やグループ展を重ね、作家の立場からも、美術館の立場からも展覧会や企画について尽力する生き方。取材する中で、その核となる思いを伺い、軽やかな作風なのに力強さがあるのはどうしてか、分かった気がする。

Notes after the interview

I first met Ms. Takahashi 20 years ago as a coworker working together at Gallery SUDOH.

She has had many solo and group exhibitions as an artist, and is committed to exhibitions and projects from the standpoint of both the artist and the Gallery.

As I interviewed her, I learned about her core thoughts and feelings, and I think I now understand why her work is so light, yet powerful.

協力 すどう美術館 Gallery SUDOH

これからの展覧会

第22回小田原もあ展-新しいストーリーの始まりー

2022年 3月26日(土)~4月10日(日)

場所:小田原駅東口図書館・多目的スペース

時間:図書館開館時間(平日9:00~21:00、土日祝日9:00~18:00、休館日 毎月第4月曜日)

感染防止対策をとった上、ご無理のない範囲でお出掛け下さい。

Please take precautions to prevent infection and come as much as you can.

関連記事 髙橋玉恵 作品 Tamae Takahashi Artworks

(注) 作品の著作権は、作家にあります。複製、無断転載等はご遠慮下さい。

(Caution)The copyright of the works is held by the artist. Please do not reproduce or reprint without permission.

コメント

タイトルとURLをコピーしました