今こそ、ギャラリーへ行こう!【ギャラリーだからこそ楽しめる事】

blog

 お家に掛けられる現代アート作品をご紹介し、日常にアートを取り入れる楽しさをお伝えできればと思い綴っているブログです。

作品や作家を知ることから、あなたにとって特別な作品との出会いに繋がれば嬉しいです。

作品を「見たい!」モチベーションはどこからくるの?

結論からお伝えすると、作品を「見たい!」モチベーションは情報からくると考えています。

どんな作品、誰の作品、評価、好み、などを情報から判断し、「見たい!」につながるのではないでしょうか。

ギャラリーより美術館が身近な理由

例えば、ゲルハルト・リヒター展

リヒターは世界的に人気がありますし、評価されていますので多くの方に知られています。展覧会には多くの方が来ていました。

アートが好きな私ですが、特別な勉強をしてきたわけではありません。

ただ好きで近くにいる存在がアートなのです。

私のようにアートは好きだけど難しいことはわからない、という方の指標になるのが評価ではないかと思います。

 美術館での展覧会は、美術の専門家が評価している作品が展示されます。そこには自分がその作品に対してどんな感情を持ったとしても、価値のあるものを見ているという安心感があるのではないでしょうか。

また、評価により認知度が上がり、たくさんの人に作品を見る機会が訪れるということもあるでしょう。

そこには歴史的背景、国家戦略など様々な要因がありますが、美術館に行くかどうかは「見てみたい!」と思うかが重要です。

そうでないと、わざわざチケットを買い時間をかけて見には行きません。

情報の受け取りやすさも、美術館がギャラリーより身近な要因だと考えます。

ギャラリーだからこそ楽しめる事

ギャラリーについて情報はあるのですが、目にする機会が少ないのは否めません。

「見たい!」のモチベーションにつながる情報を自ら探す必要があります。

 DEアートでは応援したい作家さんを取り上げ、展覧会風景や作品紹介をしています。その情報をぜひお役立てください。

今はSNSに情報を出すギャラリーやアーティストも多いので、Instagramなどから「展覧会」「現代アート」「ギャラリー」などを検索する事もおすすめです。

まずは情報収集から始め、「見たい!」作品を見つけてみてはいかがでしょうか。

美術館と違い、ギャラリーは無料で入れます。

気に入った作品を購入することもできます。

作家さんも会場にいる場合が多く、美術館より作品や作家が近いのも特徴。

アートをアットホームな雰囲気で楽しむことができる空間です。

もちろんギャラリーにもよりますが、DEアートでご紹介している作家、ギャラリーはそのような所が多いです。

しかし、入りにくい雰囲気があることも確かです。

また、見にいく価値のある作品かどうか、評価がわかりにくいということもあるでしょう。

そこで、ご提案です!

作品の評価や価値にこだわらず、たくさん見る機会を持つことをお勧めします。

自分の中でその作品に対して抱く感情に、価値を見出してみてはいかがでしょうか。案外、その方が確かなことがあります。

1度目は勇気がいるかもしれませんが、心地の良い空間と思ったギャラリーには何度か通ってみてください。

なぜならギャラリーでの展覧会はほとんどの場合1週間です。

翌週になれば違う作品を見ることができますし、作家に会う機会も増えます。

そのうち自分の中で、好きな作品や心を動かす作品に出会う機会が訪れることでしょう。

そこで初めてお家に作品を迎え入れる事を意識してみてもいいのではないかな、と思っています。

 これからも展覧会や作家さんをご紹介していきます。1人でも多くの方が会場で様々な感情を感じる作品に出会えますように!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

Now is the time to go to the gallery!

This is a blog that introduces contemporary art works that can be hung in your home.

I would like to share with you the joy of incorporating art into your daily life.

I hope that by looking at the artworks and artists, you will be able to encounter a special piece of art for yourself. 

I want to see artwork!” Where does the motivation come from?

In conclusion, I would like to tell you that “I want to see the work!” We believe that motivation comes from information.

What kind of work, whose work it is, evaluation, preferences, etc., are judged based on the information, which may lead to “I want to see it! “

Why museums are closer than galleries.

For example, the Gerhard Richter exhibition.

Richter is known by many people because he is popular and appreciated worldwide. Many people came to the exhibition.

I like art, but I have not studied it in a special way.

I just like it and art is the one thing that keeps me close to it.

I think that evaluation is an indicator for people like me who like art but don’t know how difficult it is.

An exhibition at a museum will feature works that have been evaluated by art experts. There you may feel a sense of security that you are looking at something of value, regardless of how you feel about the work.

It may also mean that recognition will increase and many people will have the opportunity to see the work.

There are various factors such as historical background, national strategy, etc., but whether you go to a museum or not depends on whether you “want to see it!” is important.

Otherwise, people would not go out of their way to buy tickets and take time to see an exhibition.

We believe that the ease of receiving information is another factor that makes art museums more familiar than galleries.

Things you can enjoy because of the gallery

There is information about the gallery, but it is undeniable that there are few opportunities to see it.

You need to search for information yourself that leads to your “I want to see! “

DE art features artists it would like to support and introduces exhibition scenes and their works. I hope you will find this information useful.

Many galleries and artists now post information on social networking sites, so I recommend searching for “exhibitions,” “contemporary art,” and “galleries” on Instagram and other sites.

Why don’t you start by gathering information and find out what you want to see?

Unlike museums, the galleries are free to enter.

You can also purchase works you like.

In many cases, the artist is also present at the venue, and the works and artists are closer than in art museums.

It is a space where you can enjoy art in an at-home atmosphere.

Of course, it depends on the gallery, but many of the artists and galleries introduced in DE art are like that.

However, it is also true that there is an atmosphere that is difficult to enter.

It may also be difficult to know whether a work is worth going to see or not.

So, here’s a suggestion!

I recommend that you have the opportunity to see a lot of artworks without being concerned about their reputation or value.

Why don’t you find the value in the feelings you have for the work? Surprisingly, it may be more certain than the public’s evaluation.

It may take courage the first time, but try going to a gallery several times if you find it a comfortable space.

Because most gallery exhibitions are one week long.

The following week you will see different works and have more opportunities to meet the artists.

Eventually, you will have the opportunity to see works that you like and that move you.

That’s when I think you can be aware of welcoming a work of art into your home for the first time.

I hope that as many people as possible will be able to encounter works that make them feel a variety of emotions at the exhibition halls!

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

コメント

タイトルとURLをコピーしました