ギャラリーで購入したアート作品をお家に掛けよう!【YouTubeで公開】

blog

このブログでは、アートに興味があり美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向けて、現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

今回は以前、中和ギャラリーで購入した「杉本裕子さんの作品」を2点、家に掛けるところをお伝えします。

この2点は、紙やキャンバスではなく、木のコラージュのような作品なので一般的な額に入った作品とは違います。しかし、決まりきった形でないところも、この作品の面白いところですね。

【アート作品をお家に掛けよう!】

アート作品をお家に掛けよう!  【Let's try to hang the artwork in your home!】

余談ですが、額に入ってない場合は、掛ける金具がどこに取り付けてあるか購入の際に確認しておくことをおすすめします。

この2点は、上に金具が付いていました。しかし、「wine table」の方は、壁に掛けるには壁と金具までの距離が遠く、長い釘でないと傾いてしまいました。

あまり長い釘が壁からニョキっと出ているのは、作品にとって見え方が良くない。

そこで、作家の杉本さんにご相談し、後ろに金具を取り付ける許可を頂き、釘も見えなくて傾きもなくして掛けることが出来ました。

作品の見え方というのも実は重要!

壁の条件にもよりますが、釘やピン、上から吊るす紐など、作品の周りに余計なものが見えない方が良い掛け方だと個人的に思っています。

スッと作品にだけ意識を向けることが出来るからです。

家にいる時は、美術館やギャラリーで作品を見るのと感覚が違います。

家事をしながら、勉強の合間、家族と話しながら、そんな折々に視線の先に作品があります。

見ようと意識しなくても見ることが出来る、ずっと見ているというよりもスッ、スッと視線の先が変わる中にある。

1秒、もしくは0.1秒といった視線の移る中でスッと作品に自然と意識をおける。

作品を掛ける時、釘や紐が見えない掛け方を意識してみるのはいかがでしょうか?参考にしていただけたら嬉しいです。

ギャラリーで作品を購入する際、特に額入りでない物については、お家でどのように掛けたらいいかを作家さんやギャラリーの方に聞いておくと安心ですね。

ご自宅や会社等で、現代アート作品を楽しんでみてはいかがですか!

作品のお問い合わせや、展示の相談なども承っております。 お気軽にコメントください!

展覧会情報などをInstagramで配信しております。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

協力:作家 杉本裕子:中和ギャラリーすどう美術館

作品の著作権は、作家にあります。 複製、映像の無断転載等はご遠慮ください。

【Let’s try to hang the artwork in your home!】YouTube

This blog is for those who are interested in art and go to museums but have never been to a gallery, for those who want to hang paintings and artworks at home but don’t know how to do it, and for those who want to enjoy contemporary art at home.

In this article, I will tell you about hanging two of Yuko Sugimoto’s works, which I purchased from Chuwa Gallery before, in my house.

These two works are different from the usual framed works because they are not on paper or canvas, but rather a collage of wood. However, the fact that they are not in a conventional form is also an interesting aspect of this work.

You can watch the demonstration on YouTube.

As a side note

If it is not framed, it is recommended to check where the hanging hardware is attached when you purchase it.

These two items had hardware on the top. However, the “wine table” was too far away from the wall to hang on the wall, and it needed a long nail to tilt.

It is not good for the work to have too many long nails sticking out of the wall.

So, I consulted with the artist, Mr. Sugimoto, and he gave me permission to install the metal fittings in the back, so I could hang it without any nails visible and without any tilting.

The way the work looks is also important!

It depends on the conditions of the wall, but I personally think it is a better way to hang the work if you can’t see anything extra around it, such as nails, pins, or strings hanging from above.

The reason is that I can easily turn my attention only to the work.

When I’m at home, the feeling is different from looking at artworks in a museum or gallery.

While doing housework, studying, or talking with my family, I find myself looking at my work from time to time.

You don’t have to be conscious of looking at it to see it, it’s in the swooping and changing of your gaze rather than looking at it all the time.

You can naturally focus your attention on the work of art in one second or 0.1 seconds of eye movement.

When you hang your work, why don’t you try to hang it in a way that the nails and strings are not visible? I hope you will find this helpful.

When buying artworks at a gallery, especially if they are not framed, it is a good idea to ask the artist or gallery staff how you can hang them at home.

Please follow us on Instagram for information about recommend exhibitions.

Enjoy contemporary artworks in your home or office!

Please contact us if you have any questions about our work or if you would like to exhibit works.

Have a good encounter with contemporary art!

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Cooperation:Artist Yuko Sugimoto:CHUWA GALLERYGallery SUDOH

The copyright of the work remains with the artist. Please do not copy or reproduce without permission.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

Sound source from VLLO(free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました