【現代アート】YouTubeおすすめチャンネル「画家川田祐子のGAKAラジオ」

Artist

作品との出会い、現代アートをお家で楽しむ事をテーマに、ギャラリーで働いていた経験を活かした情報を発信しています。 

作家や作品を通して、現代アートを身近に感じられるようなご提案をしていきます!

今回は、現代アート作家である川田祐子さんのYouTubeチャンネルをご紹介します。

私は、個人的に共感するところが多く、よく視聴しています。

その魅力について、お伝えします。

作家発信のYouTube

 コロナ禍で急速にSNSでの発信が進み、現代アート作家の方で、作品制作や展覧会風景、オンライン販売などをご自身で発信している方も増えました。

作家名で検索すると、サイトをお持ちの作家の場合検索できますので、お好きな作家のサイトを覗いてみてはいかがでしょう!

私も初めその様に、気になる作家さんを検索しました。「画家川田祐子のGAKAラジオ」を見つけたのも、川田さんの作品が見たくて検索したからです。

 2012年5月から川田さんはYouTubeでの発信を開始されています。

制作風景や、展覧会風景が主だったのが変化したのは2020年10月です。

ラジオ形式のひとり語りが始まりました。

このチャンネルの最大の魅力は、深く、美術について、ご自分について語られる所です。

どんな内容の回も、川田さん独特の多角的な視野(芸術、哲学、経済、など)のフィルターを通す焦点の当て方が、興味深い。

魅力を掘り下げてみましょう

川田祐子さんのYouTubeは、いくつかの構成に分かれています。

  • 制作風景や作品集
  • 日常のことや人生観、制作のことや気づきなどを一人語りする「GAKAラジオ」
  • 美術史、国内外の現代アート作家や作品の紹介を杉野さんと対話形式で行う「画家と凡人」
  • 「画家と凡人」の発展版(私はそう捉えています)であり、美術について、版画、彫刻、顔料、様々な人物、いろんな角度から掘り下げる「アート百花」(杉野さんとの対話形式)
  • 時々「雑談」(杉野さんとの対話形式)

主にこちらの5つの構成です。

杉野さんは、哲学やマーケティング、組織作りの観点から、考え方を話される方です。

杉野さんの忖度ない感想が面白いです。

GAKAラジオ

 「GAKAラジオ」の魅力は、ラジオ形式なのでずっと画面を見ていなくても楽しめるところです。

時間は40分前後なので、家事を行いながら聞くのに丁度いいのです。洗濯、皿洗い、床掃除など、今では「GAKAラジオ」を聴く有意義な時間になりました。

内容は、過去にあった印象的な出来事や、画家としての生き方、人生観や出会ってきた方々とのエピソードなどです。

表面的なことではなく、深層にまで想いを巡らし、ご自身なりの見解を話されるところが魅力です。

川田さんが人生の中で、たくさん失敗をしてきたことや、経験の中での気づきから、今の生活や、考え方に至ったのだな、と視聴者が親しみを持てるのが、「GAKAラジオ」です。

 画面を見なくても楽しめると書きましたが、見逃せないのが、1話ずつ映っている作品です。

画面は全体から徐々にアップしていき、作品を楽しめます。

他の動画でも、サムネイルは川田さんの作品で作られているものが多く、素敵なのですが、ずっと同じ作品が映っているのは「GAKAラジオ」だけなので、話を聞きながらゆったり作品を鑑賞することもおすすめです。

実物が見たくなるものばかりです。

GAKAラジオー21. 自分のものさしを持つこと

GAKAラジオー#95 誰に向かって作るのか?語るのか?

アート百花

「アート百科」の魅力は、美術について見識を広げられる所です。

川田祐子さんは、旧西ドイツ留学、女子美術大学 芸術学部 芸術学科 造形学専攻を卒業後、横浜国立大学 大学院 教育学研究科 美術研究を修了されています。

「光と緑の美術館」で学芸員をされていた時の経験から、作家としてだけではなく、美術館で作品を見せる側の視点も話されています。

美術史、作家や作品、技法や画材に対する見識が広く、講義を聞くような興味深い内容です。

面白いのは、焦点の当て方です。

画像で作品を紹介する場合、違う作品との比較、その影響を受けている他の作家の作品との関係性、歴史や時系列などに焦点を当てながら進みます。

知っている作品でも、知らなかった影響や関係性を知る事で親しみが湧きますし、知らない作品でも、そんなアーティストがいたのか、と目を開く。

【モビールの意味を聴いて驚いた回】

おもちゃ好きのおじさんアレクサンダー・カルダ―がデュシャンに絶賛された理由_20211009-7

講義の様になってくると、杉野さんからの指摘が入ります。「そういうことより、その作品を(もしくは作家を)川田さんがどう思っているのか知りたい。その方が面白い。」と。

この、2人の掛け合いも魅力のひとつです。

フェルメールが「真珠の耳飾りの少女」を通して表現したかったことは何なのか【切り抜き】

「青」に焦点を当てた回は、数分間ずつ切り抜いた回もたくさんありますが、「青にまつわるアートの変遷 (【前編】56分【後編】1時間17分)」に全て収められていますので、見応えがあります!

▼【前編】青にまつわるアートの変遷 https://youtu.be/G2rQ0yvnKiw

▼【後編】青にまつわるアートの変遷 https://youtu.be/VPyjMdSTHMY

葛飾北斎の版画の研究から分かったこと【切り抜き】

今回は、YouTubeおすすめチャンネル「画家川田祐子のGAKAラジオ」をご紹介しました。

▼川田祐子さんの公式サイト

Yuko Kawada Nagano Studio Official Site
画家川田祐子の公式サイト

▼川田祐子さんの作品販売サイト

Atelier | NaganoStudioKawada Front by 川田 祐子
軽井沢アトリエNagano Studio Kawadaから、画家川田祐子の作品を販売するオンライン・サイト。2017年創業。毎月20日配信の「画家川田祐子のニュースレター」で最新作を発表発信しながら、コアなお客様に作品をコレクションして頂いています。新世代型の現代アートの楽しみ方、新しい作家のあり方を創造する活動です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

サムネイル作品

氷晶雲

2021

oil on canvas

60.6×72.7cm

詳細:https://kawadayuko.jp/atelier-gallery/product/hyoushyougumo/ 

*この記事は川田祐子さんに許諾を取った上で公開しております。

作品の著作権は、作家にあります。 複製、映像の無断転載等はご遠慮ください。

【Contemporary Art】YouTube Recommended Channel “GAKA Radio by Painter Yuko Kawada”

 My concept is encounter with the work, to enjoy contemporary art at home. 

The information is based on my experience working in a gallery.

Through the artists and their works, I’ll be offering suggestions that will make you feel closer to contemporary art.

In this article, I would like to introduce you to the YouTube channel of Yuko Kawada, a contemporary art artist.
I often watch it because I personally relate to it.
I will tell you about its allure.

YouTube from the artist

 The pandemic has rapidly led to the use of social networking services, and more and more contemporary art artists have been posting their own information about their work, exhibition scenes, and online sales.

You can search by artist’s name, if they have a site, or you can just look through the sites of some of your favorite artists!

At first, I also searched for artists I was interested in in the same way. I found “GAKA Radio by Painter Yuko Kawada” because I wanted to see Ms. Kawada’s works.

 In May 2012, Ms. Kawada began transmitting her information on YouTube.

It was in October 2020 that the production and the exhibition scenery changed mainly.

A radio style solo talk began.

The most attractive thing about this channel is that she talks about art and herself in depth.

No matter what the content of the session, the way Ms. Kawada focuses on it through the filter of her unique multifaceted perspective (art, philosophy, economics, etc.) is interesting.

Let’s delve into the allure.

 Yuko Kawada’s YouTube is divided into several components.

  • Production scenery and collection of works
  • “GAKA Radio”, a solo talk about daily life, views on life, production, and realizations.
  • “Painter and Ordinary Person,” an introduction to art history, domestic and international contemporary art artists and their works in a conversational format with Mr. Sugino.
  • “Art Hyakka” (in the form of a dialogue with Mr. Sugino) is a developed version of “Painter and Ordinary Person” (that’s how I see it), and delves into art from various angles, including prints, sculptures, pigments, various people, and many other aspects.
  • Occasional “chats” (in the form of dialogue with Mr. Sugino)

The 5 main components are shown here.
 Mr. Sugino speaks about ideas from the perspective of philosophy, marketing, and organization building. He unreserved impressions are interesting.

GAKA Radio

 The allure of “GAKA Radio” is that it is in radio format, so you don’t have to look at the screen the whole time to enjoy it.

The time is around 40 minutes, which is just right for listening while performing household chores. Laundry, washing dishes, cleaning floors, etc, and now meaningful times to listen to “GAKA Radio”.

The contents include memorable events from the past, how she lives her life as a painter, her views on life, and episodes with people she has met.

She is not superficial, but deep down and speaks from her own perspective, which is fascinating.

“GAKA Radio” is a radio station where viewers can become familiar with the many mistakes Ms. Kawada has made in her life, and how she has come to her current lifestyle and way of thinking from her experiences and realizations.

 I mentioned that you don’t have to look at the screen to enjoy the show, but what you can’t miss are the pieces that are shown one episode at a time.

The screen is gradually up from the whole to enjoy the artwork.

Many of the thumbnails in other videos are made with Kawada’s work, which is wonderful, but “GAKA Radio” is the only one that shows the same work all the time, so I recommend that you listen to the story and view the work in a relaxed mood.

All of them make you want to see the real thing.

▼[Having the ability to measure your things.]

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

▼[Thoughts on Art Materials]

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

You can see the video above.

This video is in Japanese. Please set subtitles if necessary.

Art Hyakka

 The allure of “Art Hyakka” is that it expands your knowledge of art.

Yuko Kawada studied abroad in former West Germany, graduated from Joshibi University of Art and Design, Department of Art and Design, and completed her graduate studies at Yokohama National University, Graduate School of Education, Art and Design.

From her experience as a curator at the “Museum of Light and Greenery,” she shares her perspective not only as an artist, but also from the perspective of the person who shows artworks at the museum.

Broad insights into art history, artists and their works, techniques and painting materials make for an interesting, lecture-like listening experience.

What I want to draw your attention to is her focus.

When she presents a work of art through images, she proceeds to focus on comparisons with different works, its relationship to the works of other artists who have been influenced by it, and its history and timeline.

Even with works that we know, we can become familiar with them by learning about influences and relationships we didn’t know existed, and even with works we don’t know about, we can open our eyes to the existence of such artists.

▼[Times I was surprised to hear the meaning of mobiles.]

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

▼[The Blue Secret of Hokusai Katsushika]

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

You can see the video above.

This video is in Japanese. Please set subtitles if necessary.

As her talk becomes more like a lecture, Mr. Sugino makes a point.” I’d like to know what you think of the work (or the artist) rather than that. That would be more interesting.” He said.

This dialogue between the two is also part of the allure.

▼[How did Vermeer’s pearl earrings become famous?]

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

You can see the video above.

This video is in Japanese.Please set subtitles if necessary.

There are many times that focus on “blue,” clipped a few minutes at a time, but they’re all captured in “Art in the Transition of Blue ([Part 1] 56 minutes [Part 2] 1 hour and 17 minutes),” so it’s worth a look!

▼[Art in the Transition of Blue ]Part 1

https://youtu.be/G2rQ0yvnKiw

▼[Art in the Transition of Blue ]Part 2

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

You can see the video above.

This video is in Japanese.Please set subtitles if necessary.

In this article, I introduced a recommended YouTube channel, “GAKA Radio by Painter Yuko Kawada”.

▼ Yuko Kawada’s official website

Yuko Kawada Nagano Studio Official Site
画家川田祐子の公式サイト

▼Yuko Kawada’s work sales site

Atelier | NaganoStudioKawada Front by 川田 祐子
軽井沢アトリエNagano Studio Kawadaから、画家川田祐子の作品を販売するオンライン・サイト。2017年創業。毎月20日配信の「画家川田祐子のニュースレター」で最新作を発表発信しながら、コアなお客様に作品をコレクションして頂いています。新世代型の現代アートの楽しみ方、新しい作家のあり方を創造する活動です。

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Thumbnail Works

https://kawadayuko.jp/atelier-gallery/product/hyoushyougumo/ 

*This article is published with the permission of Yuko Kawada.

The copyright of the work belongs to the artist. Please refrain from reproducing or reprinting images without permission.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました