【すどう美術館 館長のひとりごと】その3「絵の見方 楽しみ方」

blog

このブログでは、子供の頃、美術の授業が好きだった方(もちろん、苦手だった方も)

美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方

家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向けて、

現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

今回、すどう美術館の須藤一郎館長からご協力いただき「すどう美術館 館長のひとりごと」その3を掲載致します。

絵の見方 楽しみ方

 本当のことを言えば私は今でも絵の見方がよくわからない。したがって、批評などとてもできない。でも、もう30年以上も美術に関わることをやって来ていますので、ギャラリーなどに行き展示の画家から感想など聞かれると辛いが、できるだけ自分の見た感じを伝えはしています。そして、「今回の作品の中で私はこれが一番好きです」と一点、指を差して帰ることにしています。

 では絵を見るのは苦痛かといえばそんなことはありません。絵を見るのに学問や知識が全く必要ないとは言いませんが、絵は身体で感じるものだと私は思っているのです。私が見たり、買ったりしている作品は、いわゆる現代アートと言われるものが中心で、どちらかと言えば抽象的な絵が多いのですが、誰でも抽象画を見る感性を持っているのだと思っています。

 その昔、今は亡き画家の田口雅巳さんが「ネクタイもスカートもみな抽象的。それをみんな自分の好みで選んで買い、通勤やデートなどその時々で自分に合ったものを着けているではありませんか。絵は堅苦しく考えずに、自分のフィーリングに合うかどうかで楽しめばいいのです」と言っていましたが、まさにそのとおりです。

 何に見えるかなど悩まず、自分の身体で感ずればいいのです。感じなければ次の作品に移っていく。そのうちどこかで感性に合う絵に出合ったり、分かりにくいと感じていた絵がスーッと身体に入ってきたりすると思います。

 絵は楽しみながら見て、心を豊かなにするもので、苦しんで見るほどバカバカしいことはないのです。

 なお、具象的な絵は素晴らしいなと思う作品でもそれで終わりで、こちらから返せない場合が多いのですが、抽象的な絵は自分の見方、感じ方で自由にその絵に入っていくことができる、すなわち、100人が100人のそれぞれの見方、感じ方が出てくるのです。

私はそのことを「絵が膨らむ」という言い方をしています。

すどう美術館 館長 須藤一郎

すどう美術館で教えてもらった大事なこと

それは、人と人との繋がりである。作品を通して繋がり、美術活動を通しても同様、それが全ての原動力になっていく姿を目の当りにしてきた。

各々出来る事を最大限に活かし、どう動けばこの企画が良くなるか、この展示が伝わるか、考えを出し合い、実行していく。フラットな関係性とお互いへの信頼。

様々な人と関わり、経験を経たからこそ、それが当たり前ではないことに気付く。

館長は、何事も押し付けることなく、マニュアル化しない。近くにいる人たちが、自分から手を貸したくなる不思議な魅力の持ち主である。問題提起と実行力にはいつも驚かされる。

副館長(奥様の紀子さん)は、チャレンジを繰り返し、毎回変化し、自分も周りも楽しむ事に重きを置く姿勢。溢れるアイデアに毎回ワクワクした。

今、活動の根源になっている。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

協力:写真引用元:すどう美術館

[ Gallery SUDOH director’s monologue ]Part 3”How to see and enjoy pictures.”

This blog is for those who loved art classes when they were kids. (Of course, if you weren’t good at it…)

If you go to museums but have never been to a gallery.

For those of you who want to hang paintings and artworks in your home, but don’t know how to go about it.

Here are some tips on how to enjoy contemporary art at home.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudo, Director of Gallery SUDOH, we will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

How to see and enjoy pictures.

To tell you the truth, I still don’t know how to look at pictures. Therefore, I can’t really critique them. However, I have been involved in the art world for more than 30 years now, so when I go to a gallery and am asked what I think of an artist’s work, it is difficult for me, but I do my best to tell them what I see. I try my best to tell them what I saw. Then I point to one of the works and say, “I like this one the best.

So is it painful to look at pictures? I don’t mean to say that learning or knowledge is completely unnecessary to look at pictures, but I do believe that pictures are something you can feel with your body. Most of the works I see and buy are so-called contemporary art, and they are rather abstract paintings, but I believe that everyone has the sensitivity to see abstract paintings.

Once upon a time, the late painter Masami Taguchi said, “Neckties and skirts are all abstract. Everyone chooses and buys them according to their own taste, and wears what suits them at the time, whether they are going to work or on a date. You don’t have to think too hard about painting, you can just enjoy it based on whether it fits your feeling or not.”

Don’t worry about what it looks like, just feel it with your own body. If you don’t feel it, move on to the next piece. Somewhere along the way, you’ll find a painting that matches your sensibilities, or a painting that you find difficult to understand will come easily to you.

Pictures are meant to be enjoyed and enriched, and there is nothing more ridiculous than suffering through them.

However, with an abstract painting, you can freely enter the painting according to your own way of seeing and feeling, in other words, 100 people will have 100 different ways of seeing and feeling.

I refer to this as “the picture swells.”

Ichiro Sudoh

Important things I learned at the Gallery SUDOH

It is the connection between people. I have witnessed the connection through artworks, and through art activities as well, and it has become the driving force behind everything.

Each of us will make the most of what we can do, come up with ideas on how to improve the project and convey the message of the exhibition, and implement them. A flat relationship and trust in each other.

I realize that this is not the norm because I have been involved with and experienced many different people.

The director does not impose anything, and does not make everything manual. He has a mysterious charm that makes people nearby want to lend a hand. I am always amazed at his ability to raise issues and implement them.

The deputy director (his wife, Noriko) has an attitude of repeatedly taking on challenges, changing each time, and focusing on having fun for herself and others. Her overflowing ideas thrilled me every time.

It is now the root of my activities.

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Cooperation:Photo reference:Gallery SUDOH

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました