館長のひとりごと その25「一人暮らし」

blog

作家や作品を知ることで、現代アートを身近に感じ、お気に入りの作品に出会えるようなご提案をしています。

お家に現代アート作品を飾り、日常にアートを取り入れる楽しさをお伝えできればと思っています。

 今回は、すどう美術館 須藤一郎館長の「館長のひとりごと」を記載します。

一人暮らし

 たくさんいる世の一人暮らしの方たちに敬意を表したいと思います。

 私は妻が2020年1月に亡くなってから一人暮らしになりました。ひとりになりますとまず3回の食事をどうすればいいのかから始まりますね。なんとか自転車に乗って、スーパーやコンビニに食糧を買いに行きますが、多く買うと毎日同じものを食べなくてはなりませんし、少なく買ってくるとすぐなくなってしまって、また買いに行かなければなりません。それに買ってきたものでおいしいものに出会うことはめったにありません。

 家で料理ができればいいのですが、私にはせいぜい野菜炒めぐらいしかできません。それから掃除、洗濯、ゴミ出し…。

 でも世間の一人暮らしの皆さんは不満も言わず、よくやっていらっしゃるなあと敬意を覚えているわけです。

 そうは言いましても私はとても恵まれていて、ポツンとひとりではありません。関わる多くの方に心配していだき、声を掛けられ、支援をいただいて寂しさを紛らわせていただいています。幸せをしみじみ噛みしめているのです。

 不便解消のため、宅配を頼んだり、介護の認定を受け、諸介護を受けたり、はては老人ホーム等のお世話になることも考えなければならないのかもしれませんが、もうちょっと現役で美術活動を続けられればと思っています。

 亡くなる数年前に妻はくも膜下出血で入院になりましたが、諸治療やリハビリにより奇跡的に一旦は杖をつきながら美術のことにも加わってくれるほどに回復しました。しかし、今度は脳梗塞を患い、治療、リハビリの甲斐なく、最後は特養(特別養護老人ホーム)に入所、だんだん目が見えなくなり、言葉も発することが出来なくなってしまったのです。

 私は病院、特養にはほとんど毎日わずかな時間でも顔を出し、様子を見るとともにいろいろな報告をし、重要事項について判断を求めていたのですが、亡くなる寸前まで意識はしっかりしていて、うなずいたり、首を振ったりと意思表示をしてくれました。ですから私は孤独ではなく、一緒に生活しているとの意識がしっかりとありました。

 しかし本当にひとりになってしまうと皆さんに助けてもらいながらにしても、すぐそばに喜びも悲しみも共有できる相手がいなくなってしまうのです。

 何でも自分一人で判断しなければいけないわけで、朝出かける時も、「こんな服装でおかしくない」、と聞くこともできません。

 一緒にいたときは当たり前だったことが、ひとりになってそれが実は貴重なものであったと気づかされているこのごろです。

すどう美術館 館長 須藤一郎

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

アート情報はこちらから

▼DEアート Instagram

https://www.instagram.com/deart700/
100 Followers, 108 Following, 119 Posts - See Instagram photos and videos from DEアート (@deart700)

▼DEアート blog

DEアートブログ
現代アートの楽しみ方

▼DEアート YouTube

DEアート
ギャラリーで働いた経験を元に、現代アートを身近に感じて頂けるチャンネルを発信しています。 退職し、子育て一色の日々、美術の活動から離れている時にこそ、家に掛けている現代アート作品に支えられました。 いつでも、どこへでも行くことが出来る、という人ばかりではないと思います。 私のように限られた時間、限られた金額の中で、自...

協力:すどう美術館

写真引用:minh-pham-OtXADkUh3-I-unsplash

[ Gallery SUDOH director’s monologue ] Part25 “Living alone.”

 I suggest that by getting to know the artists and artworks, you will feel familiar with contemporary art and find your favorite works.

I hope to convey to you the pleasure of decorating your home with contemporary art and incorporating art into your daily life.

 This time, with the cooperation of Ichiro Sudoh, Director of Gallery SUDOH, I will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

Living alone

I would like to pay tribute to the many people living alone in the world.

I have been living alone since my wife passed away in January 2020. When you are alone, the first thing you have to do is to figure out how to make three meals.

I manage to ride my bicycle to the supermarket or convenience store to buy food, but if I buy too much, I have to eat the same food every day, and if I buy too little, it runs out quickly and I have to go back for more. Besides I rarely if ever buy something that tastes good.

I wish I could cook at home, but I can only stir-fry vegetables at best. Then there is cleaning, laundry, taking out the trash….

But I respect the people who live alone and have no complaints.

That being said, I am very fortunate that I am not alone. Many people are concerned about me, call on me, and support me to distract me from my loneliness. I am soaking up the happiness.

I may have to consider ordering home delivery, getting certified for nursing care, receiving various types of care, or even going to a nursing home, etc., to resolve inconveniences, but I hope to remain active in the art world for a little while longer.

Several years before she passed away, my wife was hospitalized for a subarachnoid hemorrhage, but miraculously recovered enough to participate in art activities with a cane once she was able to do so through various treatments and rehabilitation.

However, this time she suffered a stroke, and without any treatment or rehabilitation, she ended up in a special nursing home, where she gradually became blind and unable to speak.

I visited her at the hospital and special care center almost every day, even if only for a short time, to check on her, report on various matters, and ask for her judgment on important matters. She was conscious until just before she passed away, and she expressed her intentions by nodding her head and shaking her head.

So I was firmly aware that I was not alone, but that we were living together.

However, when we are truly alone, even with everyone’s help, there is no one close by with whom we can share our joys and sorrows.

I have to make decisions on everything on my own, and when I go out in the morning, I can’t even ask, “Isn’t it strange that I’m dressed like this?

I am now realizing that what I took for granted when we were together is actually valuable now that I am alone.

Ichiro Sudoh

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Click here for art information

▼DE art Instagram

https://www.instagram.com/deart700/
100 Followers, 108 Following, 119 Posts - See Instagram photos and videos from DEアート (@deart700)

▼DE art blog

DEアートブログ
現代アートの楽しみ方

▼DE art YouTube

DEアート
ギャラリーで働いた経験を元に、現代アートを身近に感じて頂けるチャンネルを発信しています。 退職し、子育て一色の日々、美術の活動から離れている時にこそ、家に掛けている現代アート作品に支えられました。 いつでも、どこへでも行くことが出来る、という人ばかりではないと思います。 私のように限られた時間、限られた金額の中で、自...

 Cooperation: Gallery SUDOH

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました