館長のひとりごと その22「テレビ、ラジオへの出演」

blog

作家や作品を知ることで、現代アートを身近に感じ、お気に入りの作品に出会えるようなご提案をしています。

お家に現代アート作品を飾り、日常にアートを取り入れる楽しさをお伝えできればと思っています。

 今回は、すどう美術館 須藤一郎館長の「館長のひとりごと」を記載します。

テレビ、ラジオへの出演

 すどう美術館の関わりで何度かテレビやラジオに出演したことがあります。

 一番思い出に残るものと言えばもうだいぶ昔のことになりますが、1996年、まだ町田の自宅美術館で行っていた「いのちのつぶやきが聞こえるー菅創吉展」がNHKの日曜美術館で、40分にわたり取りあげられた時でしょう。

 私も妻と一緒に登場し全国に写されてしまったわけです。

この時の菅創吉展は放映後、全国から2,000人を超す来館者が押し寄せてきて、まさに事件が起こったという印象でした。

 その後もいろいろな形でテレビに出演させていただきましたが、ラジオでも2001年に出版した私の著書「世界一小さい美術館ものがたり」が世に出た後、

そのつながりでNHKの「ラジオ深夜便」や「ラジオ夕刊」から出演依頼があって、すどう美術館の活動についてお話させていただいております。

 ラジオ出演でもずいぶん反響がありうれしかったですが、面白いのは「深夜便」ではタクシーの運転手さんからで深夜運転しながら聞いてくれてですし、「夕刊」の方は主婦が夕食の支度をしながら聞いてくれていたということです。

 ところで今回お伝えしたいのは出演依頼を受けながら、お断りをしたという、いま思えばもったいない話です。これももうだいぶ以前のことです。

 その一つが、フジテレビから電話があって、「人気タレントを何人か呼び、水彩で富士山の絵を描かせるのですが、出演してその絵を評価してほしい」ということでした。テレビ出演というので心が動かないでもなかったのですが、日ごろ現代の生活空間に合う絵は富士山の絵でもなく鯉の絵でもなくて、もっと現代的な絵ではないでしょうかと言っていますので、その番組に出て富士山の絵を褒めたりするのはわが信条に反すると考えお断りしたのです。

 それからきわめつきは、あるコマーシャル制作会社からテレビのコマーシャルに出演していただけないかとの申し出ででした。

 お話をお聞きして、とお答えし、その後ディレクターと担当の若くて美しい女性を迎えたのです。すどう美術館へ時々来ている方が撮影の監督で、私に白羽の矢を立てたのだそうです。

 なんとなく悪い予感がしていたのですが、まさに大当たり。よく知られている「P&G」という会社のコマーシャルで老人用のおむつの宣伝のためとのことでした。もうストーリーもできていて、私の他40歳の娘役も、孫役もきまっていましたし、出演料もいただけるとのことでした。

 でも丁重にお断りさせていただきました。「私の仕事は世の中の人に夢を売ることです。もうじきおむつが必要になるかと覚悟はしていますが、まだ少しはこの仕事を続けさせてください」と説明してです。

 残念、今だったら喜んでお引き受けしたかもしれませんね。

すどう美術館 館長 須藤一郎

届いてるかな? SNSの発信力を考える

 DEアートでの活動は、主にSNSからの発信です。

今まで影響力の強かったテレビ、ラジオに並ぶツールとなってだいぶ経つ。

簡単に発信できる分、参入者も多く個人から企業まで幅広い。

しかしその影響力は年代別、嗜好別等、何か選別された括りの中での広がりなのではないかと感じている。

 SNSは個人毎にAIにより振り分けられたものが届く。

AIに選ばれたコンテンツが画面を席巻し、個々にカスタマイズされていく。

気がつくと、自分が興味あるサイトや動画で埋め尽くされている。

と言うことは、DEアートの発信は現代アートに興味のある人に届く可能性はあるが、全く興味のない人の元へは届かない。

また、多くの動画、情報に埋もれ誰の目にも止まらない場合もある。

活動を始めて2年目に入り、手探りが続く日々です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

協力:すどう美術館

[ Gallery SUDOH director’s monologue ] Part22 “Appearances on TV and radio”

I suggest that by getting to know the artists and artworks, you will feel familiar with contemporary art and find your favorite works.

I hope to convey to you the pleasure of decorating your home with contemporary art and incorporating art into your daily life.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudoh, Director of Gallery SUDOH, I will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

Appearances on TV and radio

I have appeared on TV and radio several times in connection with the Gallery SUDOH.

The most memorable moment for me was in 1996, when NHK’s Sunday Museum of Art featured for 40 minutes the “Hear the murmur of life – Sokichi Suga’s exhibition” that was still being held at my home gallery in Machida.

So I appeared with my wife and was projected all over Japan.

After the Sokichi Suga exhibition was broadcasted, more than 2,000 visitors from all over Japan came to the exhibition, giving the impression that it was a true event.

Since then, I have appeared on TV in various ways.
For radio, after my book “The World’s Smallest Museum Story” was published in 2001, I was asked to appear on NHK’s “Radio Midnight News” and “Radio Evening News,” where I spoke about Gallery SUDOH’s activities.

The interesting thing was that cab drivers listened to the “Late Night News” while driving late at night, and housewives listened to the “Evening News” while preparing for dinner.

By the way, I would like to tell you a story about a time when I was asked to appear on a TV program, but turned it down. This was a long time ago.

One of them was a call from Fuji Television, which said, “We are going to invite some popular talents and have them paint a picture of Mt. Fuji in watercolor, and we want you to appear on the show and evaluate their work.

I was not unmoved by the idea of appearing on TV.
However, I have always said that a painting that fits the modern living space should not be a painting of Fuji or a carp, but a more modern painting.
I refused to appear on that program and praise the Mt. Fuji painting because I thought it would go against my beliefs.

Then, most significantly, a commercial production company offered me the opportunity to appear in a television commercial.

 I responded that I would be happy to talk to you and then welcomed the director and the young, beautiful woman in charge. The person who sometimes comes to Gallery SUDOH was the director of photography, and she had appointed me to be the director.

My bad premonition was right dead on.

It was a commercial for a well-known company called “P&G” advertising diapers for the elderly.

The story was ready, the roles of my 40-year-old daughter and grandson had been chosen, and I would be paid for my performance.

But I politely declined. My job is to sell dreams to the world. I am prepared that I will soon need to wear diapers, but please let me continue to do this job for a little while longer.

Too bad, I would have gladly accepted the offer now.

Ichiro Sudoh

Are you getting the message? Consider the power of social networking to communicate.

DE art’s activities are mainly transmitted through social networking sites.

It has long since become a tool that ranks alongside TV and radio, which have been highly influential.

Because of the ease of transmission, there are many entrants, ranging from individuals to companies.

However, I feel that its influence is spread within some sort of selective bracket, such as by age, taste, or way of thinking.

Social networking services will be delivered to each individual, sorted by AI.

AI-selected content dominates the screen and is individually customized.

You find yourself filled with sites and videos that interest you.

That is to say, the transmission of DE art may reach those who are interested in contemporary art, but not those who are not interested at all.

In addition, it may be buried in many videos and information and not catch anyone’s eye.

I am now in my second year of activities and am still groping my way through the process.

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

 Cooperation: Gallery SUDOH

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました