アートのある暮らし「現代アート」がいい理由【情報が多く、何かに迷う時こそおすすめ】

blog

 昨今、情報が多いと感じる方は多いのではないでしょうか?

テレビ、ラジオからは常に情報が発信され、YouTubeやNetflixにおいては自分の興味のある情報がカスタマイズされ、提供される。面白いので、ついつい長く見てしまいますよね。

Google検索も子供の宿題に不可欠になりつつある。いや、もうなっている。何かについて調べる学習で、図書館に行き本を探し、その中から目当ての部分を見つけるよりずっと早いからだ。

情報過多の中に身を置く日々は、知らず知らずのうちに判断を鈍らせる気がしてならない。不利な立場にならぬよう、この情報から正しいものを選び取ろうと、ネットサーフィンしてしまう経験はありませんか?

私も同様に、知りたいことを検索し、その中でいくつかの記事を読んで判断します。正しいと思われる記事を参考にしますが、それが自分にとっての正解とは限らない。

重要なこと程、誰かの書いた記事には頼れないのだと感じています。参考にはします。しかし、判断し、行動するのは自分です。自己責任ですね。この言葉も最近よく耳にします、昔は連帯責任の方が多かったように感じますが、今はほとんど聞きません。

 そこで、なぜ「現代アート」がいいのかというと、抽象的な表現は、自分を客観的に考えるのに役立つからです。

一見意味のないような、何かわからないような抽象画やインスタレーションに対して、「これは何かな?色がきれいだな、何か○○みたいだな、」と少しづつ心を寄せていく。

作品をただ見て、ただ感じる、また、作品について考えることは、自分の気持ちをクリアにする働きがあると、個人的に思っている。自分の気に入っている作品の前では、平和な気持ちになるのだ。

例えば美術館で見るような作品は、美術界に革命を起こすようなもの、社会に問題提起を訴えるものなど、世の中を動かしたり、その時の情勢が背景のものがあります。

私がここでいう作品は、そういうスケールの大きなものではなく、ギャラリーで展示している作家の作品の事を指します。

もちろん、ギャラリーで発表している作家の作品にも、社会に問題提起しているものもあります。しかし、美術館と違う点は、自分の生活の中に取り入れられる作品が多いという事です。

家の中に作品があると、ちょっともやもやした時、精神的に疲れてしまった時、考え事がまとまらない時などに、見ていると頭をリセットできる。

それで全てがうまく運ぶわけではないが、私の場合、救われる気持ちになる。

見ようとしなくても目にはいるところにある、というのが重要だ。

 作家さんを見ていると、作品に対して真摯に向き合うことは、自分に対して真摯に向き合う事だと感じる。自分に真摯に向き合うという事は、社会に対しても真摯に向き合う事だとも。

そのため、いい作品を作る作家さんは、博学な方が多く、社会情勢にも敏感だ。社会に対して自分の意見を持ち、この世界が良い方向へ向かうことを、ささやかに願う気持ちが作品に込められていることも少なくない。

そのような作品だからか、見ていると頭の中や気持ちがクリアになっていくのかもしれない。

作品の前でしんとした気持ちになり、自分を客観的にとらえ、向き合う時間。頭の中が整理され、自分がどうしたいか、思い込みや思い違いなど冷静に捉えることが出来る。

ヨガをしている時や、瞑想をしている時と似ているかもしれない。

また、作家の創る上での迷いや葛藤、喜びなど様々な感情が、この上に成り立っているのだろう、と思うと、励まされる気持ちになる。

 抽象的な表現のいいところは、自由に解釈できる所だ。そして、現代の家にインテリアとしても合っている。家の中に抽象作品があるのと無いのとでは、雰囲気が全然変わってくるのです。

見ていて気持ちがいいもの、自分の好みのものはみんな違います。

SNSやこちらのブログでも紹介していきますが、実際に展覧会で質感や作品のエネルギーを感じ、気に入ったものをお家に掛けてみてください。

多くの情報に惑わされず、自分をしっかり保ちながら生きていくのに、「現代アート」を取り入れてみてはいかがでしょう!

このブログでは、アートに興味があり、美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方

家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向け、現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

今回は、情報が多く、何かに迷う時ほど「現代アート」を身近に置くことをおすすめする理由を書きました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

画像作品「wine」「wine table」杉本裕子

関連記事

ギャラリーで購入したアート作品をお家に掛けよう!【YouTubeで公開】

ギャラリーで作品を購入する【5ステップ】YouTube

Why “Contemporary Art” is a good way to live with art [Recommended when there is a lot of information and you are confused about something].

 Many people feel that there is a lot of information these days.

Television and radio provide constant information, while YouTube and Netflix provide customized information that is of interest to you. It’s interesting, and you can’t help but watch it for a long time.

Google search is becoming an integral part of my children’s homework. No, it’s already there. This is because learning to research something is much faster than going to the library, looking for a book, and finding the part of the book you want.

I can’t help but feel that the days of being in the midst of information overload can unintentionally cloud our judgment. Have you ever had the experience of surfing the net, trying to pick out the right thing from this information to avoid being at a disadvantage?

Similarly, I search for what I want to know, and then read some articles to make a decision. I will refer to an article that I think is correct, but it may not be the right answer for me.

I feel that the more important things are, the less I can rely on someone else’s articles. I do refer to them. However, it is up to me to make decisions and take actions. It’s self-responsibility. I hear this word a lot these days, too. In the past, I feel that joint responsibility was more common, but now I rarely hear it.

 So, the reason why “contemporary art” is so important to me is that abstract expression helps me to think about myself objectively.

When I see an abstract painting or installation that at first glance seems to have no meaning or I don’t know what it is, I ask myself, “What is this? The colors are beautiful, and it looks like __.

I personally believe that simply looking at a work of art, feeling it, and thinking about it helps to clear one’s mind.I feel at peace in front of my favorite piece of art.

For example, some of the works you see in art museums are based on the background of the situation of the time, such as those that revolutionize the art world or those that appeal to social issues.

The works I am referring to here are not on such a large scale, but rather the works of the artists exhibited in the gallery.

Of course, some of the works by artists showing at galleries also raise issues in society. However, the difference between a gallery and a museum is that many of the works can be incorporated into your own life.

When there are artworks in my house, I can reset my mind by looking at them when I feel a little hazy, mentally tired, or unable to think clearly.

That may or may not make everything all right, but in my case, it makes me feel saved.

It’s important that it’s there for us to see even if we don’t try to look at it.

 When I look at the artists, I feel that to be sincere about their works is to be sincere about themselves. To be sincere with oneself is to be sincere with society as well.

For this reason, many of the artists who create good works are erudite and sensitive to social conditions. Many of them have their own opinions about society, and their works are often filled with a small hope that this world will move in a better direction.

Perhaps because it is such a work, my mind and feelings become clearer when I watch it.

This is a time to sit in front of your work and become still, to look at yourself objectively, and to face yourself. It’s a time when you can clear your mind and calmly see what you want to do, your assumptions and misconceptions.

It might be similar to when you are doing yoga or meditating.

I feel encouraged when I think of the various emotions that the artist must have gone through in creating this work, such as hesitation, conflict, and joy.

 The good thing about abstract expression is that it can be interpreted freely. And it suits the modern home as an interior decoration. The atmosphere is completely different if there are abstract works in the house or not.

Everyone is different in what they feel comfortable looking at and what they like.

I will introduce them on social networking sites and on this blog, but please actually visit the exhibition to feel the texture and the energy of the works, and hang the ones you like in your home.

How about taking in some ” contemporary art ” to help you keep yourself grounded and unencumbered by so much information!

This blog is for people who are interested in art and go to museums, but have never been to a gallery.

For those who want to hang paintings and artworks in their homes but don’t know how to do it, here are some tips on how to enjoy contemporary art in your home.

In this article, I wrote about why I recommend keeping “contemporary art” close to you the more information you have and the more confused you are about something.

Thank you for reading to the end.

Have a good encounter with your work!

It was a DE art.

Related Articles 
【Let’s try to hang the artwork in your home!】YouTube

How to purchase artworks in the gallery [5 steps].YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました