すどう美術館 館長のひとりごと その13「現代アート論 」

blog

 

 このブログでは、子供の頃、美術の授業が好きだった方(もちろん苦手だった方も)

美術館には行くけど、ギャラリーには行ったことがない方、家に絵画や作品を掛けてみたいけど、どうしたらいいか分からない方に向けて、現代アートをお家で楽しむには、どうしたらいいかをご紹介していきます。

今回は、すどう美術館須藤一郎館長の「館長のひとりごと」その13を記載します。

現代アート論 

 すどう美術館の収蔵作品、そして行ってきた展覧会はみな現代アートです。

最初に出会った菅創吉の作品が、私には半具象の絵という感じだったのですが、扱っているギャラリーが現代アートのギャラリーで、菅作品もそのように取り扱われていたのです。その後集めた作品もみんな現代アートのギャラリーからでしたから自然とそうなってしまったのです。

 このたび、「現代アート」についての話をすることになり、少し歴史的な経緯を含め、あらためて「現代アート」とは何ぞや、ということを少し勉強しようと試みました。それで近辺の書店数か所で探したのですが現代アートはもちろん美術に関する本はほとんど置いてなくて、まだまだ美術に関心を持つ人が少ないのだなと寂しく感じたりしました。自分だって美術の本など読んで来なかったくせにですが…。

それで思いついたのはパソコンからネットで調べる方法です。これで新たにいろいろなことがわかりました。それを含め議論を展開させていただきます。

 現代アート(コンテンポラリーアート)は第二次世界大戦後の1950年以降から21世紀にかけて制作された美術作品とされており、現代アートは多様性、強いメッセージ性に特徴付けられる。とされています。

 そして現代アートの祖はフランスのマルセル・デュシャンで、1917年に発表した磁器の男性用小便器を横に倒し、偽名の署名をした「泉(Fountain)」という議論を呼んだ作品がその根源とされています。要するにこれまでの「視覚」(見て楽しむ)から「思考」(考えて楽しむ)へとの問題提起だったのです。

 私はこれまで皆さんに「風景や静物の絵は優れていてもすごいなーと思うが、それで終わりでこちらから返すことができない。しかし、抽象的な作品(現代アート)はこちらから頭を働かせ、自分の見方で作品と対話し、作家と見る自分、二人で作品を作り上げていく面白さがある」と伝えてきましたが、まさにそういうことではないでしょうか。

 その後カンデンスキーやポロック、ピカソなどの近代アート(モダンアート)、そしてもろもろの流れを経て、現代アートにつながっているのですね。

日本ではなかなか理解が得られませんでしたが、すどう美術館収蔵の猪熊弦一郎、大沢昌助、難波田龍起、小山田二郎などの作品で花が開いたのではないでしょうか。現在はバスキアやバンクシーなどが巾を利かせ、草間彌生、村上隆、奈良美智などの名が現代アートの代表として挙げられていますが、もとのコンセプトはともかく、商業主義に利用されたりしているのが気になります。

 さて、結語になりますが私自身は現代アートについての定義などにとらわれず、気に入った作品を生活空間に掛けて楽しむことが大事だと思っています。

すどう美術館 館長 須藤一郎

現代アートのおすすめYouTube

 画家、川田裕子さんのYouTube「画家川田祐子のGAKAラジオ」では、「アート百花」というタイトルで、美術について詳しく解説しています。

前回のブログでご紹介しましたので、ご覧ください!

【現代アート】YouTubeおすすめチャンネル「画家川田祐子のGAKAラジオ」

川田さんの見解によるところが面白いので、美術史に興味が薄く、積極的に学ばなかった私にも面白い内容です。

版画、彫刻、印象派等々、杉野さんという方に向けて解説する形で進行。

アートに詳しくない方でも、哲学や歴史の好きな方におすすめです。

個人的には「曼荼羅」の回が好きです。青について数回に分けて掘り下げた回も、面白いです。

 館長の申します通り、現代アートに関する書籍や情報は少ないです。自分から情報を集めに行く必要があります。

しかしそこには、美術の教科書では味わえない面白さも秘めています。是非一度アートの世界を除いてみてはいかがでしょうか?

ご自宅や会社等で、現代アート作品を楽しんでみてはいかがですか?作品のお問い合わせや、展示の相談なども承っております。 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作品との良い出会いを!

DEア ートでした。

引用元 「画家川田祐子のGAKAラジオ」

画家川田祐子のGAKAラジオ
画家 川田 祐子のGAKAラジオを2020年10月16日からスタートしました。 内容は、自身の絵画制作、コンセプト、軽井沢のアトリエのこと、日々の制作生活での気づき、同時代の作家の紹介、美術鑑賞の仕方、軽井沢散歩、スピリチャル、哲学、社会問題、趣味、映画、読んだ本のことなど、ゆ〜るくマイペースで語ります。 *事情により...

協力 すどう美術館

写真 第22回「小田原もあ」展より

[ Gallery SUDOH director’s monologue ] Part13 “Contemporary Art Theory.”

This blog is for those who loved art classes when they were kids. (Of course, if you weren’t good at it…)

If you go to museums but have never been to a gallery.

For those of you who want to hang paintings and artworks in your home, but don’t know how to do about it.

Here are some tips on how to enjoy contemporary art at home.

This time, with the cooperation of Ichiro Sudo, Director of Gallery SUDOH, I will be posting [ Gallery SUDOH director’s monologue ] .

Contemporary Art Theory.

The collection of the Gallery SUDOH and the exhibitions we have visited are all contemporary art.

The first Sokichi Suga work I encountered seemed to me to be semi-figurative paintings, but the gallery that handled them was a contemporary art gallery, and Suga’s works were also handled in that way. The gallery that handled them was a contemporary art gallery, and Suga’s works were also treated as such.

I was asked to give a talk on “contemporary art,” so I tried to learn a little more about what “contemporary art” is, including a little historical background. I looked in several bookstores in the area, but I found almost no books on art, let alone contemporary art, and I felt sad that so few people are still interested in art. Even though I myself have never read any art books…

So I came up with a way to look it up online from my computer. This has revealed many new things to me. I will include them in the discussion.

 Contemporary art is defined as art created after World War II, from 1950 to the 21st century. Contemporary art is characterized by diversity and a strong message.

The founder of modern art was the French artist Marcel Duchamp, whose controversial work “Fountain,” a porcelain male urinal turned on its side and signed with a pseudonym, was exhibited in 1917. In short, it raised the issue of moving from the conventional “visual” (to see and enjoy) to “thinking” (to think and enjoy).

 I have always told people, “I think landscapes and still-life paintings are great even if they are excellent, but that’s the end of the story. However, with abstract works (contemporary art), you have to use your mind and interact with the work from your own perspective, and the artist and you, the viewer, create the work together.

Then you have Kandensky, Pollock, Picasso, and others (modern art), and so on and so forth, leading to contemporary art.

In Japan, however, it was difficult to gain understanding, and it was not until the works of Genichiro Inokuma, Shosuke Osawa, Tatsuoki Nanbata, Jiro Oyamada, and others in the collection of the Gallery SUDOH that the flower of contemporary art blossomed. Today, Basquiat, Banksy, and others dominate the scene, and names such as Yayoi Kusama, Takashi Murakami, and Yoshitomo Nara are mentioned as representatives of contemporary art, but regardless of their original concepts, I am concerned that they are being used for commercial purposes.

To conclude, I personally believe that it is important to hang works of art that you like in your living space and enjoy them, without being bound by any definitions of contemporary art.

Ichiro Sudoh

Contemporary Art Recommendation YouTube

Painter Yuko Kawada’s YouTube “GAKA Radio by Painter Yuko Kawada” offers a detailed explanation of art under the title “Art Hyakka.

I just posted it on the DE art blog for your info, so check it out!

【Contemporary Art】YouTube Recommended Channel “GAKA Radio by Painter Yuko Kawada”

The content is interesting because of Ms. Kawada’s viewpoint, which is interesting even to me who has little interest in art history and has not actively studied it.

The exhibition proceeds in the form of explanations of prints, sculpture, impressionism, etc., for a person named Mr. Sugino.

Recommended for those who are not familiar with art, but who like philosophy and history.

Personally, I like the “mandala” installment. The times that delve into blue in several installments are also interesting.

As the director says, there are few books and information about contemporary art. You need to go and gather information yourself.

However, there is also an interesting aspect hidden there that cannot be experienced in art textbooks. Why don’t you try to exclude the world of art?

Enjoy contemporary artworks in your home or office! 

Please contact us if you have any questions about our work or if you would like to exhibit works.

If you have any questions about our works, please feel free to use the inquiry form on the Top page. We look forward to your comments.

Thank you for reading to the end.
Have a good encounter with a work!
This was DE art.

Reference “GAKA Radio by Painter Yuko Kawada”

Cooperation Gallery SUDOH

Photo ”The 22nd Odawara Moa” Exhibition

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました